Recent changes RSS feed

草双紙

くさぞうし

定義

江戸時代中期から後期にかけて刊行された小説の一ジャンル。

広義には赤本黒本青本黄表紙合巻の総称で、狭義には合巻のみを指す。

絵草子ともいい、挿絵が多く、挿絵が文章よりも主になることも多い。

草双紙の「草」は、「通俗的」を意味する。

rhizome/草双紙.txt · 最終更新: 2014/04/09 01:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa