Recent changes RSS feed

高野山往生伝

こうやさんおうじょうでん

概要

文治3年(1187)から建久5年(1194)ごろ成立したと考えられる仏教説話集。高野山の念仏聖38人の伝記を収録する往生伝

延宝5年(1677)刊行の版本の序によると、元暦年間(1184〜1185)に高野山に入山した法界寺沙門如寂が書いたことになっているが、信憑性が薄く、作者は不詳。

内容

高野山の念仏聖38人の往生にいたる伝記を、寛治7年(1093)没の沙門教懐から文治3年(1187)没の大乗房証印まで没年順に配列してある。

このうち、清原正国・維範・蓮待が『拾遺往生伝』に、教懐が『後拾遺往生伝』に、上人無名(南筑紫)・北筑紫上人信明が『三外往生記』に収録されており、それらの記述とほぼ同じである。

収録される人物

  1. 沙門教懐
  2. 散位清原正国
  3. 阿闍梨維範
  4. 沙門蓮待
  5. 上人無名
  6. 信明上人
  7. 入道明寂
  8. 経得上人
  9. 蓮意上人
  10. 迎西上人
  11. 阿闍梨良禅
  12. 律師行意
  13. 沙門教尋
  14. 阿闍梨琳賢
  15. 能仁上人
  16. 沙門定厳
  17. 兼海上人
  18. 澄賢入寺
  19. 円長山籠
  20. 増延山籠
  21. 暹与上人
  22. 聖誉上人
  23. 頼西上人
  24. 澄慧上人
  25. 沙門明暹
  26. 定仁上人
  27. 正直上人
  28. 阿闍梨宗賢
  29. 入道西念
  30. 心蓮上人
  31. 阿闍梨済俊
  32. 厳実上人
  33. 能願上人
  34. 上座尋禅
  35. 阿闍梨心覚
  36. 浄心上人
  37. 阿闍梨禅恵
  38. 証印上人

テキスト

  • 大日本仏教全書107
  • 続浄土宗全書6
  • 続群書類従8
  • 日本思想大系『往生伝・法華験記』(岩波書店・井上光貞 大曽根章介校訂・1974年9月)

rhizome/高野山往生伝.txt · 最終更新: 2014/05/06 02:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa