Recent changes RSS feed

本居宣長

もとおりのりなが(1730〜1801)

江戸時代後期の国学者。伊勢の人。幼名を富之助、実名を栄貞、通称を弥四郎・健蔵、を芝蘭・春庵という。

はじめ医術を学んでいたが、国学者賀茂真淵に入門。のち紀州徳川家に仕えて古典講釈を行った。

著書に『古事記伝』『玉勝間』など。

【参考文献】

  • 『本居宣長全集』(筑摩書房)
  • 新潮日本古典集成『本居宣長集』(新潮社)

【参考サイト】

rhizome/本居宣長.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa