Recent changes RSS feed

文献学

ぶんけんがく

定義

文学研究の方法論の一つ。書誌学本文批評などの方法を駆使して、写本版本から、作者や撰者が書いた原本の姿を復元しようとする方法。

古典文学の本文は、書物の形態で伝わることが多いが、それらは作者の原本(自筆本)であることはほとんどなく、写本や版本などとして伝わる。多くの場合それらは転写を重ねられており、意識的、無意識的に異同が発生し複数の伝本となる。

これらを書誌学的方法により、伝本の性格から系統立て、分類する。

それによって得られた諸本の親子関係・兄弟関係を参考にして、本文批評によって原本を再生する試みを文献学的研究という。

その後、さらに注釈という工程があるが、本文批評には解釈が必要となるので、文献学的方法と解釈学は不可分である。したがって、広義には解釈学も文献学的方法の一つに含めることができる。

「文献学的方法」「文献学的研究」のように用いられ、文献学という独立した学問があるわけではない。

文献学という言葉は、ドイツ文献学を参考にして、芳賀矢一によって最初に用いられたが、その方法はすでに近世国学に見られる。

参考文献

  • 池田亀鑑『古典の批判的処置に関する研究』(岩波書店・昭和16年)
  • 橋本不美男『原典をめざして』(笠間書院・昭和49年)

rhizome/文献学.txt · 最終更新: 2014/03/18 17:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa