Recent changes RSS feed

平中物語

へいちゅうものがたり

概要

平仲物語とも書く。

平安時代中期に成立した、三十八段からなる歌物語。内容は「色好み」の平中(平貞文)を主人公とした話だが、貞文と併称される色好みである、在原業平を主人公のモデルとする『伊勢物語』とは違い、滑稽味のある話が多い。

諸本

完本は静嘉堂文庫本のみの孤本

ほかに、御巫本大和物語に一部が混入しており、『源氏物語』の注釈『河海抄』に貞文日記として、異本逸文が引用されている。

参考文献

  • 『平中物語新講』(目加田さくを・武蔵野書院・昭和32年3月)
  • 日本古典全書『平中物語 和泉式部日記 篁物語』(山岸徳平・朝日新聞社・1959年5月)
  • 『平中全講』(萩谷朴・同朋舎・1959年10月)
  • 角川文庫『平中物語』(萩谷朴・角川書店・昭和35年4月)
  • 日本古典文学大系『平中物語 篁物語 浜松中納言物語』(遠藤嘉基・岩波書店・昭和39年5月)
  • 『校注平中物語』(山田巌 水野清 木村晟・1970年5月)
    • 静嘉堂文庫本の影印・翻刻・五つの注釈書の対校

rhizome/平中物語.txt · 最終更新: 2014/08/20 03:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa