Recent changes RSS feed

とはずがたり

内容

全五巻からなる鎌倉時代後期の日記文学。作者は後深草院二条。

内容は二部に分けられ、巻1〜3までの前半は14歳から28歳までの後深草院・雪の曙・有明の月 らとの愛欲生活の赤裸々な告白、巻4〜5の後半は出家後、二度にわたる修行の旅の紀行文的な内容となっている。

巻一

巻二

巻三

巻四

巻五

諸本

天下の孤本で、宮内庁書稜部本蔵御所本が唯一の伝本。他に断簡がある。

参考文献

影印

  • 伊地知鉄男編『とはずがたり』(笠間書院)

注釈書

  • 日本古典全書『とはずがたり』(次田香澄校注・朝日新聞社)
  • 角川文庫『とはずがたり』上・下(松本寧至訳注・角川書店)
  • 筑摩叢書『とはずがたり』(冨倉徳次郎校注・筑摩書房)
  • 日本古典集成『とはずがたり』(福田秀一校注・新潮社)
  • 完訳日本の古典『とはずがたり』上・下(久保田淳・小学館)
  • 講談社学術文庫『とはずがたり』(次田香澄校注・講談社)
  • 新日本古典文学大系『とはずがたり・たまきはる』(三角洋一校注・岩波書店)
  • 『とはずがたり』(松本寧至編・桜楓社・昭和50年3月)
  • 新典社校注叢書6『校注とはずがたり』(松村雄二編・新典社・平成2年6月)

参考文献

  • 『とはずがたりの研究』(松本寧至・桜楓社・昭和46年4月)
  • 中公新書『中世宮廷女性の日記』(松本寧至・中央公論社)

参考サイト

rhizome/とはずがたり.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa