ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura2-02

篁物語

2-2 さてこのころ妹のある屋に行きたりければいと悲しかりければ・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

さてこのころ、妹(いもうと)のある屋(や)に行きたりければ、いと悲しかりければ、寝にけり。妹、

  見し人にそれかあらぬかおぼつかなもの忘れせじと思ひしものを

と言ひければ、かの殿にも行かでぞ泣きをりける。

久しう来ねば、大殿、「あやし」と思しけり。七日ばかりありて来たり。「などか見え給はざりける」とのたまへば、素直なりける人にて、こと隠して言ひければ、妻(め)、「いとあるべかしきことにて、あはれのことや。わがためにも、さらずはおはせめ。わいてもこそは、昔人は心もかたちもさものし侍りければこそ、年を経てえ忘れがたくし給ふらめ。さる人をみ侍りけんに、言ひ知らで見え奉るよ。後の世いかならん。

  飽かずして過ぎける人の魂に生ける心を見せ侍るらん

あな恥かし」とのたまふに、男、「なにかそれは思し召す。かくては果てはえ知ろし召さじ。御魂のあるやうも見るべく、試みにさやなり給はぬ」とて、

  「別れなばおのがたまたまなりぬとも驚かさねばあらじとぞ思ふ

出でてまかりしを、引き留(とど)めて、今日まてさぶらはせ給ふ、うるさしかし」と言ひける。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

そくしたまひけるさてこのころ
いもふとのあるやにゐきたり
けれはいとかなしかりけれは
ねにけりいもうと
 みし人にそれかあらぬかおほつかな
 物わすれせしとおもひし物を/s22l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/22

といひけれはかの殿にもいかてそ
なきをりけるひさしうこねは
大殿あやしとおほしけり七日許
ありてきたりなとかみえたまはさ
りけるとの給へはすなをなりける
人にてことかくしていひけれは
めいとあるへかしき事にてあ
はれの事や我かためにもさらす
はおはせめわいてもこそはむかし
人は心もかたちもさ物し侍/s23r
けれはこそとしをへてゑわすれ
かたくしたもふらめさる人をみ
侍けんにいひしらてみえたて
まつるよのちの世いかならん
 あかすしてすきける人の玉しゐに
 いける心をみせ侍らん
あなはつかしとの給におとこなに
かそれはおほしめすかくてはは
てはえしろしめさし御たましゐ
のあるやうもみるへく心みにさや/s23l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/23

なりたまはぬとて
 わかれなはをのかたまたま成ぬとも
 おとろかさねはあらしとそおもふ
いててまかりしをひきととめて
けふまてさふらはせ給うるさし
かしといひけるこのおとこはわかき/s24r

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/24



text/takamura/s_takamura2-02.txt · 最終更新: 2022/08/29 02:28 by Satoshi Nakagawa