ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho3-074

醒睡笑 巻3 文の品々

8 また商人遠島より古郷へ便りあるといふ時妻のもとへ文並びに・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

また、商人(あきびと)、遠島より古郷へ便りあるといふ時、妻のもとへ文(ふみ)並びに音信(いんしん)をしけるが、

態(わざと)一筆(ひとふで)。針三本、千松泣かすな、火の用心、かしく。

とも書きたり。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 又商人(あきびと)遠島(えんたう)より古郷(ふるさと)へたよりあるといふ/n3-34r
  時妻のもとへ文ならひにゐんしんをしけるが
  態(はさと)一筆(ふて)針(はり)三本千松(せんまつ)なかすな火の用心
  かしくとも書たり/n3-34l


text/sesuisho/n_sesuisho3-074.txt · 最終更新: 2021/10/24 01:08 by Satoshi Nakagawa