ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:世継物語

以前のリビジョンの文書です


世継物語

よつぎものがたり

『[[栄華物語]]』の別称

『[[大鏡]]』の別称

鎌倉時代の説話集

鎌倉時代説話集。『大鏡』と区別するため、小世継(こよつぎ)ともいう。諸本がすべて版本に帰することから、版本世継物語とも。また、異本に三巻本『宇治大納言物語』がある。

全一巻、56話からなるが、異本『宇治大納言物語』はそのうち6話がなく、『十訓抄』から 4話を入れている。

成立は中世と考えられているが、『古本説話集』と密接な関係にあり、平安時代後期とする説もある。

内容は、王朝貴族的な説話が多く、『大和物語』『枕草子』『栄華物語』『和泉式部日記』 などからの抄出が多い。説話の伝承関係を考える上で重要な作品である。

群書類従第三十二輯下(巻951)に収録。



rhizome/世継物語.1398186981.txt.gz · 最終更新: 2014/04/23 02:16 by Satoshi Nakagawa