Recent changes RSS feed

世継物語

第53話 伊勢の御息所七条のきさいの宮に候ひ給ひけるころ・・・

校訂本文

今は昔、伊勢の御息所、七条のきさいの宮に候ひ給ひけるころ、枇杷の大納言、忍びて通ひ給ひけり。女、いみじう忍ぶとすれど、みな人知りぬ。さるほどに忘れ給ひぬれば、

  人知れずやみなましかば侘つつもなき名ぞとだに言はまし物を

と詠みて遣りたりければ、「あはれ」とや思えけん、帰りて、いみじう思して住み給ひけり。

「ほに出て人を」と詠みたるも、この大臣(おとど)におはす。

翻刻

いまは昔伊せのみやす所七条のきさいの宮にさふ
らひ給ひける比ひわの大納言忍ひてかよひ給けり
女いみしう忍とすれとみな人知ぬさる程にわすれ/38ウ
給ひぬれは
  人しれすやみなましかは侘つつもなき名そとたにいはまし物を
とよみてやりたりけれは哀とや覚えけん帰りていみし
う覚して住給ひけりほに出て人をとよみたるも
このおととにおはす/39オ
text/yotsugi/yotsugi053.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa