Recent changes RSS feed

世継物語

第46話 嵯峨の御門の御時に、内裏に札を立てたりけるに・・・

校訂本文

今は昔、嵯峨の御門の御時に、内裏に札を立てたりけるに、無ぜんあく1)と書きたりけるを、御門、篁に「読め」と仰せられければ、「読みには読み候ひなん。されど、恐り候らふ上は、え申し候らはじ」と申しけれど、「篁申せ」と、たびたび仰せられければ、「さがなくばよけん」と読みたるに、「これは己れはなちては、誰が書かん」とて、科(とが)に行なはるべきになりにけり。篁、「さればこそ」と申す。

その時に御門、「何も書きたらん物は読みてんや」と仰せられければ、「読み候らひなん」と申しければ、片仮名(かたかんな)のね文字2)を十二書きて、「読め」と仰せられければ、「ねこのこのこねこ、ししのこのこじし3)」と読みて参らせたりければ、御門ほう笑ませ給ひて、事も当たらで止みにけりとぞ。

また、何事にてやらん、隠岐国へ流されてまかりけるに、

  わたの原八十島かけて漕ぎ出ぬと人には告げよ海人の釣り舟

翻刻

いまは昔さかの御門の御時に内裏に札をたてたりける
に無せんあく(あくせん歟)とかきたりけるを御門たかむらによめと
仰られけれはよみにはよみさふらひなんされとおそ/24ウ
りさふらふうへはえ申さふらはしと申けれと篁申せと
たひたひ仰られけれはさかなくはよけんとよみたるに
是はをのれはなちてはたれかかかんとてとかにおこな
はるへきに成にけりたかむらされはこそと申其時
に御門なにもかきたらん物はよみてんやとおほせら
れけれはよみさふらひなんと申けれはかたかんなの
ねもしを十二かきてよめと仰られけれはねこのこの
こねこししのこのこししとよみてまいらせたりけれは
御門ほうゑませ給てこともあたらてやみにけりとそ
又何事にてやらん隠岐国へなかされてまかりけるに/25オ
  わたの原やそ島かけて漕出ぬと人にはつけよあまの釣舟/25ウ
1)
傍注「あくぜん歟」。宇治拾遺物語「無悪善」
2)
変体仮名「子」
3)
猫の子の子猫、獅子の子の子獅子
text/yotsugi/yotsugi046.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa