Recent changes RSS feed

世継物語

第44話 御堂失せおはしまして御葬送の夜ただあきら内供といひける人・・・

校訂本文

今は昔、御堂失せおはしまして、御葬送の夜、ただあきら内供1)といひける人、

  煙絶え雪降り積もる鳥辺野は鶴の林の心地こそすれ

かの上人のほどを詠みたるなるべし。長谷の入道、聞き給ひて、「たきぎつきこといはでや」とぞ、のたまひける。中宮大夫に、長谷より聞こえ給ふ。

  見し人の亡くなりゆくを聞くままにいとどみ山ぞ寂しかりける

御返し

  消え残るかしらの雪を払ひつつ寂しき山を思ひやるかな

長谷の入道とは、四条大納言2)の事なり。中宮大夫は斉信大納言なり。

翻刻

今は昔御たううせおはしまして御さうそうの夜たた
あきら内供といひける人
  煙たえ雪降つもる鳥へ野は鶴の林の心ちこそすれ
かの上人のほとをよみたる成へし長谷の入道きき給
ひてたききつきこといはてやとその給ける中宮大夫に
長谷よりきこえ給ふ
  見し人のなく成行を聞ままにいととみ山そさひしかりける
御返し
  きえ残るかしらの雪をはらひつつさひしき山を思ひやる哉
長谷の入道とは四条大納言(公任)事也中宮大夫は斉のふ/24オ
大納言也/24ウ
1)
栄花物語「忠命内供」
2)
底本傍注「公任」
text/yotsugi/yotsugi044.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa