Recent changes RSS feed

世継物語

第40話 一条院御時中宮五節出ださせ給ふを見るに小兵衛といふが・・・

校訂本文

 今は昔、一条院御時、中宮五節出ださせ給ふを見るに、小兵衛といふが、ある紐1)の解けたりければ、実方中将寄りて結ふに、ただならず、

  足引の山あひの水は氷れるをいかなるひもの解くる成らん

昔は后の五節に出させ給ひけるとぞ。この后、『清少納言御集』におはします。まこと歌返し。清少納言。

  うは氷あはに結べる紐なればかざす日かげにゆるぶばかりぞ

翻刻

今は昔一条院御時中宮五節いたさせ給を見に小兵
衛といふかあるひものとけたりけれは実方中将よりて
結ふにたたならす
  足引の山あひの水はこほれるをいかなるひものとくる成らん
むかしは后の五節に出させ給けるとそ此后清少納言御
しうにおはしますまこと哥返清少納言
  うは氷あはにむすへるひもなれはかさす日かけにゆるふ斗そ/22オ
1)
枕草子「赤紐」
text/yotsugi/yotsugi040.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa