Recent changes RSS feed

世継物語

第38話 在五中将二条后宮ただ人にておはしけるよばひ奉りける時、・・・

校訂本文

今は昔、在五中将、二条后宮ただ人にておはしける、よばひ奉りける時、ひじき物といふものを奉りて、かくなん

  思ひあらば葎(むぐら)の宿に寝もしなんひじき物には袖をしつつも

返しは人忘れにけり。

さて後、后にて、大原野にまうで給ひけり。上達部・殿上人つかうまつれり。業平宰相中将、なま暗き折、御車のあたりに立てりけり。人々、禄給て後なりけり。御車の尻より奉れる御衣(ぞ)をかづき給へり。給はるままに中将、

  大原や小塩(をしほ)の山も今日こそは神代の事も思ひ出づらめ

昔思ひ出でて、「をかし」と覚えけり。

また、内にて忘草を「これは何とかいふ」とて、給へりけり。

  忘草生ふる野辺とは見ゆらめどこは忍ぶなり後も頼まん

翻刻

今は昔さいこ中将二条后宮たた人にておはしけるよは
ひ奉りける時ひしき物といふものを奉りてかくなん
  思ひあらは葎の宿にねもしなんひしき物には袖をしつつも
かへしは人わすれにけりさて後きさきにて大原野に
まうて給けり上達部殿上人つかうまつれり業平宰
相中将なまくらき折御車のあたりにたてりけり人
々ろく給て後成けり御車のしりよりたてまつれる
御そをかつき給へり給はるままに中将/21オ
  大原やをしほの山もけふこそは神代の事も思ひいつらめ
昔思ひ出ておかしと覚えけり又内にて忘草を是はなにと
かいふとて給へりけり
  忘草おふる野へとはみゆらめとこは忍ふ也後もたのまん/21ウ
text/yotsugi/yotsugi038.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa