Recent changes RSS feed

世継物語

第30話 忠信の大納言、人の声をこそ、よく聞き知り給ひたりけれ。・・・

校訂本文

今は昔、忠信1)の大納言、人の声をこそ、よく聞き知り給ひたりけれ。

同所の女房達の気配、誰も聞き分かぬに、男は人の手と声とは、さらに見聞き分くること、難(かた)うこそあれ。殿上人にて中将を申しけるに、「かかる君ぞ」とて、いみじうみそかに人を代へつつ、中宮の女房達聞かせ奉りけるに、かしこく言ひ当て給ひけり。

また、大蔵卿正光といひける人は、耳敏(みみと)き人。まことに蚊のまつげの落ちんも聞きつべうぞありける。

宮の御方にて、時の大殿(おほいとの)の新中納言、「ゆき2)のこといつか」と女房達にささやけば、「あの君の起(た)ち給ひなんか」と耳にさし当てて言ふを、え聞きつけで、「何か何か」とおぼめく。正光、遠く居て、「にくし。さのたまはす。今日は起たじ」との給ひけんこそ、浅ましうも、おかしうも、おぼされけり。

翻刻

今は昔たたのふの大納言人の声をこそよく聞しり
給たりけれ同所の女房達のけはひたれもえきき
わかぬにおとこは人のてとこゑとはさらに見ききわく
る事かたうこそあれ殿上人にて中将を申けるに
かかる君そとていみしうみそかに人をかへつつ中宮の
女房達きかせ奉りけるにかしこくいひあて給けりまた
大蔵卿まさみつといひける人はみみとき人まことにか
のまつけのおちんもききつへうそ有ける宮の
御方にてときの大いとのの新中納言ゆきのこといつ/17オ
かと女房達にささやけはあの君のたち給なんかと耳
にさしあてていふをえききつけてなにかなにかとおほめ
くまさみつとをくいてにくしさのたまはすけふはたた
しとの給けんこそ浅ましうもおかしうもおぼされけり/17ウ
1)
枕草子「成信」
2)
あふぎ(扇)の誤りか。
text/yotsugi/yotsugi030.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa