Recent changes RSS feed

世継物語

第27話 清少納言清水に籠りたりけるに・・・

校訂本文

今は昔、清少納言、清水に籠りたりけるに、宮より御使ひさして給はせたる。

  山ふかき入りあひの鐘の声ごとに恋ぞ日ごろの数は知るらん

また、九月九日、少し山きは近く成ほどに、つねまさの少将、いと高やかに呼びたてて、「これ右の大臣殿(おほゐどの)の御文」とて、さし入たり。香染(かうぞめ)の紙に、

  みな人の心移ろふ長月の夢に我さへ過ぎぬべきかな

「遅し遅し」と責めにつかはす。「書き継ぐべき方こそなかりしか」とぞ。右の大臣殿は、粟田殿の事なり。

翻刻

今は昔清少納言清水にこもりたりけるに宮より御
つかひさして給はせたる
  山ふかき入あひの鐘の声毎に恋ぞ日比の数はしるらん
又九月九日すこし山ぎは近く成程につねまさの少将い/15オ
とたかやかによひたててこれ右の大いどのの御文とて
さし入たりかうそめのかみに
  みな人の心うつろふ長月の夢に我さへすぎぬべきかな
をそしをそしとせめにつかはすかきつくべき方こそなかり
しかとそ右のおほゐ殿はあはた殿の事也/15ウ
text/yotsugi/yotsugi027.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa