Recent changes RSS feed

世継物語

第26話 五月の長雨のころ上の御局の御簾の前に・・・

校訂本文

今は昔、五月の長雨のころ、上の御局の御簾の前に、斎院頭1)中将、寄り居給へりけるが、2)まことにめでたく香ばしう、その物とも思へず。

雨にしめりたるほどの、いみじうおかしかりけり。五六日まで簾に移りたりければ、若き女房達、染みかへり、めであはれたりけり。

一条院の御時、皇后の御方にぞ。

翻刻

今は昔五月のなか雨の比うへの御局のみすのまへに
斎院頭中将よりゐ給へりけるかのまことにめてた
く香はしうその物ともおほへす雨にしめりたる程
のいみしうおかしかりけり五六日まて簾にうつりたり
けれはわかき女房達しみかへりめてあはれたりけり一
条院の御時皇后の御方にそ/15オ
1)
枕草子「斉信(ただのぶ)の」。斉信を斎院に、能(の)を頭に誤ったものだろう。
2)
底本「が」の後に「の」。衍字と見て削除する
text/yotsugi/yotsugi026.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa