Recent changes RSS feed

世継物語

第18話 村上の先帝の御時雪のいと高う降たりけるを・・・

校訂本文

今は昔、村上の先帝の御時、雪のいと高う降たりけるを、様器(やうき)に盛らせ給ひて、梅の花をかざさせ給ひて、月のいと明かきに、「これに歌詠め。いかがは言ふべき」と兵衛の蔵人に給はせ給ひければ、「雪月花1)」と奏したりければ、いみじうめでさせ給ひけり。

「歌などよむは世の常なり。折にあひたる事、言ひがたけれ」とぞ仰せられ、同人、殿上人の候(さぶ)らはざりけるほど、炭櫃(すびつ)に煙たちければ、「何とぞ。見てこ」と仰せられければ、

  わたつ海のおきにこがるる物見ればあまの釣して帰るなりけり

この兵衛の尉、誰そとよ、名をしらず。

翻刻

今は昔村上の先帝の御時雪のいとたかう降たりける
をやうきにもらせ給て梅の花をかささせ給ひて月の
いとあかきに是に歌よめいかがはいふべきと兵衛の蔵
人に給はせ給ひければ雪の花と奏たりければいみし
うめでさせ給ひけり歌などよむは世のつね也折に
あひたる事いひかたけれとそおほせられ同人殿上人の
さふらはさりけるほとすひつに煙たちけれは何とそ
見てことおほせられけれは/12オ
  わたつ海の興にこがるる物みればあまの釣して帰る也けり
此兵衛のせうたそとよ名をしらす/12ウ
1)
底本「雪の花」だが、「の」は「月」の誤写とみて、『枕草子』によって改める。
text/yotsugi/yotsugi018.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa