Recent changes RSS feed

世継物語

第10話 桂の御子に式部卿の宮給ひける時・・・

校訂本文

今は昔、桂の御子1)に、式部卿の宮2)給ひ3)ける時、その女君に候ひけるはゝ4)は、この男宮をいと目出度と思ひかけ奉りけるを、知り給はざりける。

蛍の飛歩くを、「かれ捕らへて来(こ)」と、この童(わらは)にのたまはせければ、捕らへて汗衫(かざみ)の袖に蛍を包みて御覧ぜさせ聞こえける。

  包めども隠れぬ物は夏虫の身よりあまれる思ひなりけり

翻刻

今は昔かつらの御こに式部卿の宮給ひける時其女君
に候けるははは此男宮をいと目出度と思ひかけ奉りけ
るを知り給はさりける蛍の飛ありくをかれとらへてこと此わ
らはにの給はせければとらへてかさみの袖に蛍をつつ
みて御覧ぜさせ聞こえける
  つつめどもかくれぬ物は夏虫の身よりあまれる思ひ成けり/9ウ
1)
孚子内親王
2)
敦慶親王
3)
大和物語「住み給ひ」
4)
大和物語「うなゐ」。「わらは」の誤りか
text/yotsugi/yotsugi010.txt · 最終更新: 2016/03/26 16:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa