Recent changes RSS feed

世継物語

第9話 土御門中納言御使にて大内山に御門おはしましけるに・・・

校訂本文

今は昔、土御門中納言1)、御使にて、大内山に御門おはしましけるに、参り給へる。

物心細げにておはします。いとあはれなり。高所なれば、雲は下(しも)より立ち上るやうに見えければ、

  白雲の九重に立つ峰なれば大内山といふにぞありける

翻刻

今は昔土御門中納言御使にて大内山に御門おはしまし/9オ
けるにまいり給へる物心ほそけにておはしますいとあはれ
也高所なれは雲はしもより立のほるやうに見えけれは
  白雲の九重にたつ嶺なれば大内山といふにそありける/9ウ
1)
藤原朝忠。ただし、『大和物語』・『古本説話集』では堤中納言藤原兼輔で、次の歌は兼輔集に入っている。
text/yotsugi/yotsugi009.txt · 最終更新: 2017/06/11 12:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa