Recent changes RSS feed

世継物語

第8話 純友が騒ぎの時歌使ひにさされて少将にて下りたりけり・・・

校訂本文

今は昔、純友が騒ぎの時、歌使ひにさされて、少将にて下りたりけり。

公(おほやけ)にもつかうまつる四位になりべき年にもありければ、睦月のかうぶり給ふ日の、いとゆかしう思ゆれど、京より来る人もおさおさ聞えず。或る人にとへば、「四位になり給へる」といふ。「さもあらず」ともいふ。

「定かなる事、いかでか聞かん」と思ふほどに、京の便りに近江守公忠の文あり。いと嬉しくて見れば、万の事、書き書きして、

  玉匣(たまくしげ)二年(ふたとせ)会はぬ君が身をあけながらやは会はんと思ひし

限りなく悲しくて泣きける。/9オ

翻刻

今は昔すみともかさはきの時歌つかひにさされて少
将にて下たりけり大やけにもつかうまつる四位に成へ
き年にも有けれはむ月のかうふり給ひのいとゆかし
うおほゆれと京よりくる人もおさおさ聞えす或人に
とへは四位に成給へるといふさもあらすともいふさたか成
事いかてかきかんと思ふ程に京のたよりに近江守き
んたたの文ありいと嬉しくて見れは万の事かきかきして
  玉匣二とせあはぬ君か身をあけなからやはあはんと思ひし
かぎりなく悲しくてなきける
text/yotsugi/yotsugi008.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa