Recent changes RSS feed

世継物語

第7話 亭子院御髪おろして、・・・

校訂本文

今は昔、亭子院、御髪(ぐし)おろして、所々の山住し給ひて行ひ給ひけり。

備前の掾、橘の義敏と言ひける人は殿上人にて有りける。御ともに、頭おろして後れ奉らず侍ひける。

内の御使尋ねつつ、奉らせ給へど、たがひつつ歩(あり)かせ給ふ。和泉国日根といふ所におはしますとて、「『ひね』といふ心詠め」と仰せられければ、この義敏大徳、

  古郷のたびねの夢に見えつるは思ひやすらんまたと問はねば

みな人泣きて、詠まずなりにけるとぞ。

翻刻

今は昔亭子院御くしおろして所々の山住し給ておこ
なひ給けりひせんのせう橘のよしとしといひける人は
殿上人にて有ける御ともにかしらおろしてをくれ奉
らす侍ひける内の御使尋つつ奉らせ給へとたかひつつ
ありかせ給和泉国ひねといふ所におはしますとてひね
といふ心よめと仰られければ此義敏大徳
  古郷のたひねの夢に見えつるは思ひやすらん又ととはねは
みな人なきてよます成にけるとそ/8ウ
text/yotsugi/yotsugi007.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa