Recent changes RSS feed

世継物語

第5話 紫式部、上東門院に歌詠み優の物にて侍りしに・・・

校訂本文

今は昔、紫式部、上東門院に歌詠み優の物にて侍りしに、斎院より「さりぬべき物語や候ふ」と尋ね申させ給ひければ、御双紙ども取出ださせ給ひて、「何れをか参らすべき」と沙汰せさせ給ふほどに、紫式部、「みな目慣れて候ふに、新しく作りて参らせさせ給へ」と申しければ、「さらば、作れ」と仰せられければ、源氏は作りて参らせたりける。いよいよ心ばせすぐれてめでたき物にて侍る。

さるほどに、伊勢大輔1)参りぬ。それも歌詠みの筋なれば、殿、いみじうもてなさせ給ふ。奈良より年に一度、八重桜を折りて持て参るを、紫式部、取り次ぎて参らせなど、歌詠みけるに、式部、「今年は大輔に譲り候らはん」とて、譲りければ、取り次ぎて参らするに、殿、「遅し、遅し」と仰せらるる御声につきて、

  いにしへの奈良の都の八重桜今日九重に匂ひぬるかな

「取次ぎつるほど、殿の仰せられつるほどもなかりつるに、いつの間に思ひ続けけむ」と、人も思ふ、殿も思しめしたる。目出度くて候ふ程に、致仕(ちぢ)の大納言と言ふ人の子の、越前守2)とて、いみじくやさしき人の妻になりにけり。

会ひ始めたりけるころ、石山にこもりて、音せざりければ、遣はしける、

  みるめこそあふみの海にかたからめ吹だに通へ滋賀の浦風

と詠みてやりたりけるより、いとど歌おぼえまさりにけり。殊に、子孫さかへて、六条第弐・堀河第弐など申しける人々は、この伊勢大輔が孫なりけり。白河院は曾孫(ひこ)におはしましけり。一の宮と申しける折に、参りて見参らせけるに、「鏡を見よ」とて、賜びたりければ、給はりて、

  君見ればちりも曇らで万代のよはひをのみもます鏡かな

御返し。大夫殿。宮の御伯父(おほぢ)におはします。

  曇りなき鏡の光ますますも照らさむ影にかはらざらめや

翻刻

今は昔紫式部上東門院に歌よみゆふの物にて侍しに斎
院よりさりぬへき物語やさふらふと尋申させ給けれは御
双紙とも取出させ給て何れをか参らすきとさたせ/6ウ
させ給程に紫式部みなめなれてさふらふにあたらしく
作て参らせさせ給へと申けれはさらはつくれとおほせ
られけれはけんしは作て参らせたりけるいよいよ心はせ
すくれてめてたき物にて侍る去程に伊勢大輔(祭主輔親女也)参りぬ
それも歌よみのすちなれは殿いみしうもてなさせ給
ならより年に一と八重桜をおりてもてまいるを紫式
部とりつきてまいらせなと歌よみけるに式部今年は
大輔に譲りさふらはんとてゆつりけれは取次てまいらす
るに殿をそしをそしと仰らるる御声につきて
  いにしへのならの都の八重桜けふ九重に匂ひぬるかな/7オ
取つきつる程殿の仰られつる程もなかりつるにいつの間
に思ひつつけけむと人も思ふ殿も思食たる目出度てさふ
らふ程にちちの大納言といふ人の子の越前守(高階成順)とていみしく
やさしき人の妻に成にけりあひはしめたりける比石山
にこもりてをとせさりけれはつかはしける
  みるめこそあふみの海にかたからめ吹たにかよへしかの浦風
とよみてやりたりけるよりいとと歌おほえまさりにけり
殊子孫さかへて六条第弐堀河第弐なと申ける人々は此
伊勢大輔か孫成けり白河院はひこにおはしましけり一宮
と申けるおりにまいりて見まいらせけるに鏡を見よ/7ウ
とてたひたりけれは給はりて
  君みれはちりもくもらて万代のよはひをのみもます鏡哉
御返大夫殿宮のおほちにおはします
  くもりなき鏡の光ますますもてらさむ影にかはらさらめや/8オ
1)
底本傍注「祭主輔親女也」
2)
底本傍注「高階成順」
text/yotsugi/yotsugi005.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa