Recent changes RSS feed

世継物語

第4話 御形の宣旨といふ人は、優にやさしく・・・

校訂本文

今は昔、御形(みあれ)の宣旨といふ人は、優にやさしく、かたちもめでたかりけり。皇太后宮の女房なり。中納言定頼、文おこせ給ふ。

  昼は蝉夜は蛍に身をなして鳴き暮らしては燃え明かすかな

さ様にて通ひ給ふほどに、心少し変はりて、絶え間がちなり。

  はるばると野中に見ゆる忘水絶え間絶え間を嘆くころかな

中納言、見目より始めて何事も優れめでたくおはするを、心ある人は見知りて、嘆かしき秋の夕暮、きりぎりすいたく鳴けるを、「長き思ひは」など、詠め給ひけるを、忘れがたきことに言ひためり。

絶え給ひて後、賀茂に参り給ふと聞き、「今一度も見ん」と思ひて、心にもあらぬ賀茂参りして、

  よそにても見るに心はなぐさまで立ちこそまされ賀茂の河波

とても、涙のみいとどこぼれまさりて、大方うつし心もなく覚えける。

蝉の鳴くを聞きて、

  恋しさを忍びもあへぬうつせみのうつし心もなくなりにけり

「をのづから歎きやはなし」とて、中納言には劣れども、無下ならぬ人に、親しき人心あはせて盗ませてけり。その文、いたく嘆きて、

  身を捨てて心もなきに成にしをいかでとまれる思ひなるらん

  世をかへて心みれども山の端につきせぬ物は恋にぞ有りける

ただ中納言をのみ恋ひ歎きて、「いかに罪深かりけん」と思ふに、貴く目出度法師子を山に持ちて置かれたりけるこそ、「罪少しかろみけんかし」とおぼゆれ。

御堂の中姫君、三条院の御時の后、皇后宮と申たるが女房なり。本院の侍従、御形の宣旨と申したる。侍従は、はるかの昔の平中が世の人。この御形の宣旨は中ごろの人。されば昔今の人を一つ手にて具して申したるなめり。1)

翻刻

今は昔みあれのせんしといふ人はゆふにやさしくかた
ちもめてたかりけり皇太后宮の女房也中納言定頼
文おこせ給
  ひるは蝉よるは蛍に身をなして鳴くらしてはもえあかす哉
さ様にてかよひ給ふ程に心すこしかはりてたえまかち也
  はるはると野中にみゆる忘水たえまたえまをなけく比かな
中納言見めより始て何事もすぐれめてたくおはする
を心ある人はみしりてなけかしき秋の夕暮きりきりす
いたく鳴けるをなかき思ひはなと詠め給けるを忘かたきこと
にいひためりたえ給て後賀茂に参給ときき今一と/5ウ
もみんと思ひて心にもあらぬかもまいりして
  よそにてもみるに心はなくさまて立こそまされかもの河なみ
とても涙のみいととこほれまさりて大方うつし心もな
く覚えけるせみのなくをききて
  恋しさを忍もあへぬうつせみのうつし心もなく成にけり
をのつから歎きやはなしとて中納言にはをとれともむけ
ならぬ人にしたしき人心あはせてぬすませてけり其文い
たくなけきて
  身を捨て心もなきに成にしをいかてとまれる思ひ成らん
  世をかへて心みれとも山のはにつきせぬ物は恋にぞ有ける/6オ
只中納言をのみこひ歎ていかにつみふかかりけんと思ふにた
うとく目出度法師子を山にもちてをかれたりけるこそ
つみすこしかろみけんかしとおほゆれ
  御堂のなかひめ君三条院の御時后皇后宮と申た
  るか女房也本院の侍従みあれのせんしと申たる侍従
  ははるかの昔のへいちうか世の人此みあれのせんしは中
  比の人されば昔今の人をひとつてにてくして申たるなめり/6ウ
1)
「御堂の中姫君」以下、底本1字下げ。注記の扱い。
text/yotsugi/yotsugi004.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa