Recent changes RSS feed

世継物語

第2話 和泉式部がもとに帥の宮通はせ給ひけるころ・・・

校訂本文

今は昔、和泉式部がもとに、帥の宮、通はせ給ひけるころ、久しくおはさせ給はざりけるに、その宮に侍りし童(わらは)の来たりけるに文なし。帰り参るに、

  またましもかばかりこそはあらましか思ひもかけぬ今日の夕暮

持て参りて、参らせければ、「悲しくなりにけり」とて、心苦しうてやがておはしましたり。

女も月を詠めて端にゐたりけり。前栽の露きらきらと置きたるに、「人は草葉の露なれや」とのたまはするさま、優にめでたし。御扇に御文を入て、「御使ひの」とて、「参りにければ」とて給はす。扇を指出して取つ。「今宵は帰りなん。明日物忌と言ふなりつなれば、長くもあやしかるべければ」とのたまはすれば、

  心みに雨も降らなん宿過ぎて空行く月の影や止まると

聞こえたれば、「吾が1)君や」とて、しばし上りて細やかに語らひおきて、出させ給ふとて、

  あぢきなく雲居の月にさそはれて影こそ出れ心やは行く

ありつる文をみれば、

  我ゆゑに月を眺むと告げつれば誠かと見に出て来にけり

「何事につけても、をかしくおはしますに、あはあはしき物に思はれまいらせたる、心憂くうく覚ゆ」と日記に書たり。

初めつ方は、かやうに心ざしもなき様に見えければ、後には上をも去り奉らせ給ひて、ひたぶるに、この式部を妻(め)にせさせ給ひたりと見えたり。

保昌に具して、丹後へ下たるに、「明日狩せん」とて、物とり集ひたる夜、さほ鹿のいたく鳴きければ、「いであはれ、明日死なむずれば、いたく鳴くにこそ」と、心憂がりければ、「さおぼさば、狩とどめんに、かからん歌を詠み給へ」と言はれて

  ことはりやいかでか鹿の鳴かざらん今宵ばかりの命と思へば

さて、その日の狩はとどめてけり。

保昌に忘られて侍りけるころ、貴布弥に参て、御手洗河に蛍の飛けるを見て

  物思へば沢の蛍も我身よりあくがれ出づる玉かとぞ見る   奥山にたぎりて落つる滝つ瀬の玉散るばかり物な思ひそ

この歌、貴布弥明神の御返しなり。男の声にて耳に聞えけるとかや。

翻刻

今は昔和泉式部かもとに帥の宮かよはせ給ける此久し
くをはさせ給はさりけるに其宮に侍しわらはの来りけ
るに文なし帰りまいるに
  またましもかはかりこそはあらましか思ひもかけぬけふの夕暮
もてまひりて参らせけれは悲しく成にけりとて心くるし
うてやかておはしましたり女も月を詠めてはしにゐた
りけりせんさいの露きらきらとをきたるに人は草葉の
露なれやとの給はするさまいふにめてたし御扇に御
文を入て御つかひのとて参にけれはとて給はす扇を
指出して取つこよひは帰りなんあす物忌といふなりつな/3ウ
れはなかくもあやしかるへけれはとの給はすれは
  心みに雨もふらなんやとすきて空行月の影やとまると
きこえたれはあるきみやとてしはしのほりてこまや
かにかたらひをきて出させ給とて
  あちきなく雲ゐの月にさそはれて影こそ出れ心やはゆく
ありつる文をみれは
  我ゆへに月をなかむと告つれは誠かと見に出てきにけり
何事につけてもおかしくおはしますにあはあはしき物に思は
れまいらせたる心うく覚ゆと日記に書たり初つかたはか様
に心さしもなき様に見えけれは後にはうへをもさり奉/4オ
らせ給てひたふるに此式部を妻にせさせ給ひたりとみ
えたりやすまさにくして丹後へ下たるに明日狩せんとて
物とりつとひたる夜さほ鹿のいたく鳴けれはいてあはれ
明日しなむすれはいたく鳴にこそと心うかりけれはさお
ほさは狩ととめんにかからん歌をよみ給へといはれて
  ことはりやいかでか鹿の鳴さらんこよひ斗の命と思へは
さて其日の狩はととめてけりやすまさにわすられて侍
ける比貴布弥に参て御手洗河に蛍の飛けるをみて
  物思へは沢の蛍も我身よりあくかれ出る玉かとそみる
  奥山にたきりて落る滝つせの玉ちる斗物なおもひそ/4ウ
此歌貴布弥明神の御返し也男の声にてみみに
聞えけるとかや/5オ
1)
底本「る」
text/yotsugi/yotsugi002.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa