Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第196話(巻15・第11話)後の千金の事

後之千金事

後の千金の事

いまはむかし、もろこしに荘子といふ人ありけり。家、いみじうまづしくて、けふの食物たえぬ。隣に、かんあとうといふ人ありけり。それがもとへ、けふ食べき料の粟をこふ。

あとうがいはく、「今五日ありて、おはせよ。千両の金をえんとす。それをたてまつらん。いかでか、やんごとなき人に、けふまいるばかりの粟をばたてまつらん。返返おのがはづなるべし」といへば、荘子のいはく、「昨日、道をまかりしに、あとによばふこゑあり。かへりみれば人なし。ただ、車の輪あとのくぼみたる所にたまりたる少水に、鮒一ふためく。『なにぞのふなにかあらん』と思て、よりてみれば、すこし斗の水に、いみじう大なる鮒あり。『なにぞの鮒ぞ』ととへば、ふなのいはく、『我は河伯神の使に江湖へ行也。それが飛びそこなひて、此溝に落入たるなり。喉かはき、しなんとす。我をたすけよと思て、よびつるなり』といふ。答ていはく『我、今二三日ありて、江湖もとといふ所にあそびしにいかんとす。そこにもて行きてはなさん』といふに、魚のいはく、『さらにそれまでえ待まじ。ただ、けふ一提ばかりの水をもて、喉をうるへよ』といひしかば、さてなんたすけし。鮒のいひしこと、我身にしりぬ。さらにけふの命、物くはずばいくべからず。後の千のこがね、さらにやくなし」とぞ、いひける。

其より、「後の千金」と云事、名誉せり。

text/yomeiuji/uji196.txt · 最終更新: 2014/10/13 15:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa