Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第145話(巻12・第9話)穀断の聖、不実露顕の事

穀断聖不実露顕事

穀断の聖、不実露顕の事

むかし、久くおこなふ上人ありけり。五穀を断て、年来になりぬ。御門、きこしめして、神泉にあがめすへて、ことに貴み給。木の葉をのみ食ける。

物笑する若公達あつまりて、「此聖の心みん」とて、行向ひてみるに、いとたうたげにみゆれば、「穀断、幾年斗に成給」と問ければ、「若より断侍れば、五十余年に罷成ぬ」といふを聞て、一人の殿上人のいはく、「穀断の屎は、いか様にか有らん。例の人には、かはりたるらん。いで行てみん」といへば、二三人つれて、行てみれば、穀屎を多く痢をきたり。

あやしう思て、上人の出たる隙に、「居たる下をみん」といひて、畳の下を引あけてみれば、土をすこし掘て、布袋に米を入て置たり。公達見て、手をたたきて、「穀糞の聖穀糞の聖」と呼はりて、ののしり笑ければ、逃去にけり。

其後は、行方もしらず。ながく失にけりとなん。

text/yomeiuji/uji145.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa