Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第137話(巻12・第1話)達磨、天竺の僧の行ひを見る事

達磨見天竺僧行事

達磨、天竺の僧の行ひを見る事

昔、天竺に一寺あり。住僧尤おほし。達磨和尚、此寺に入て、僧どもの行をうかがし見給に、或房には念仏し、経を読み、様々におこなふ。或房をみ給に、八九斗なる老僧の只二人ゐて囲碁を打。仏もなく経もみえず、ただ、囲碁を打ほかは他事なし。

達磨、件房を出て、他の僧に問に、答云、「此老僧二人、若より囲碁のほかはする事なし。すべて仏法の名をだにきかず。仍、寺僧にくみいやしみて、交会する事なし。むなしく僧供を受、外道のごとく思へり」と云々。

和尚これを聞て、「定て様あるらん」と思て此僧が傍にゐて、囲碁打あり様をみれば、一人は立り、一人は居りと見に、忽然として失ぬ。あやしく思程に、立る僧は帰居たりとみる程に、又居たる僧うせぬ。みれば、又出きぬ。

「さればこそ」と思て、「囲碁の外、他事なしとうけ給るに、証果の上人にこそおはしけれ。そのゆへを奉ん」との給に、老僧答云、「年来、此事より外は他事なし。但、黒勝ときは我煩悩勝ぬとかなしみ、白勝ときは菩提勝ぬと悦ぶ。打に随て、煩悩の黒を失ひ、菩提の白の勝ん事を思ふ。此功徳によりて、忽に証果の身と成侍なり」と云々。

和尚、房を出て、他僧に語給ひければ、年来にくみいやしみつる人々、後悔して、みな貴みけりとなん。

text/yomeiuji/uji137.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa