Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第127話(巻11・第3付話)付、晴明、蛙を殺す事

晴明ヲ心見僧事(付晴明殺蛙事)

付、晴明、蛙を殺す事

此晴明、ある時、広沢僧正の御坊にまいりて、物申うけ給はりけるあいだ、若僧どものはれあきにいふやう、「式神をつかひ給なるは、たちまちに人をころし給や」といひければ、「やすくはえころさじ。力を入てころしてん」といふ。

「さて、虫なんどをば、すこしの事せんにかならずころしつべし。さて、いくるやうをしらねば、罪をえつべければ、さやうの事よしなし」といふ程に、庭に蛙のいできて、五六ばかりおどりて、池のかたざまへ行けるを、「あれひとつ、さらばころし給へ。心みん」と僧のいひければ、「罪をつくり給御房かな。されども、心み給へば、殺してみせ奉ん」とて、草の葉をつみきりて、物をよむやうにして、かへるのかたへなげやりければ、その草の葉の蛙のうへにかかりければ、かへるまひらにひしげて死たりけり。これをみて僧どもの色かはりて、「おそろし」と思けり。

家の中に人なきおりは、このしき神をつかひけるにや、人もなきに蔀を上おろし門をさしなどしけり。

text/yomeiuji/uji127.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa