Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第111話(巻9・第6話)歌読みて罪を免さるる事

哥読テ被免罪事

歌読みて罪を免さるる事

校訂本文

今は昔、大隅守なる人、国の政(まつりごと)をしたため行ひ給ふ間、郡司のしどけなかりければ、「召しにやりていましめん」と言ひて、先々の様に、しどけなきことありけるには、罪にまかせて、重く軽くいましむることありければ、一度にあらず、たびたびしどけなきことあれば、「重くいましめん」とて、召すなりけり。

「ここに召して率て参りたり」と人の申しければ、先々するやうにし伏せて、尻頭(しりかしら)に上り居たる人、笞(しもと)をまうけて、打つべき人まうけて、先に人二人引き張りて出で来たるを見れば、頭は黒髪もまじらず、いと白く、年老いたり。

見るに、打せんこといとほしく思えければ、「何ごとにつけてか、これを許さん」と思ふに、ことつくべきことなし。過(あやま)ちどもを片端より問ふに、ただ、老をかうけにていらへをる。

「いかにして、これを許さん」と思ひて、「おのれはいみじき盗人かな。歌は詠みてんや」と言へば、「はかばかしからず候へども、詠み候ひなん」と申しければ、「さらば、つかまつれ」と言はれて、ほどもなく、わななき声にてうち出だす。

  年を経て頭(かしら)の雪は積もれどもしもと見るにぞ身は冷えにけり

と言ひければ、いみじうあはれがりて、感じて許しけり。

人は、いかにも情けはあるべし。

翻刻

いまは昔大隅守なる人国の政をしたためおこなひ給あいた郡
司のしとけなかりけれは召にやりていましめんといひて先々の/下18オy289
様にしとけなき事ありけるには罪にまかせて重く軽くいま
しむる事ありけれは一度にあらす度々しとけなき事あれ
はをもくいましめんとてめすなりけりここにめしていて参たり
と人の申しけれはさきさきするやうにしふせてしりかしらにのほり
ゐたる人しもとをまうけて打へきひとまうけてさきに人ふたり
ひきはりて出きたるをみれは頭は黒髪もましらすいと白くとし
老たりみるに打せん事いとおしくおほえけれは何事につけ
てかこれをゆるさんと思ふに事つくへき事なしあやまちとも
をかたはしよりとふにたた老をかうけにていらへおるいかにしてこれ
をゆるさんと思てをのれはいみしき盗人かな哥はよみてんやと
いへははかはかしからす候ともよみ候なんと申けれはさらはつかま
つれといはれて程もなくわななきこゑにてうちいたす
  としをへてかしらの雪はつもれともしもとみるにそ身はひえにけり/下18ウy290
といひけれはいみしうあはれかりて感してゆるしけり人は
いかにもなさけはあるへし/下19オy291
text/yomeiuji/uji111.txt · 最終更新: 2019/01/17 22:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa