Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第111話(巻9・第6話)哥読て罪を免さるる事

哥読テ被免罪事

哥読て罪を免さるる事

いまは昔、大隅守なる人、国の政をしたためおこなひ給あいだ、郡司のしどけなかりければ、「召にやりていましめん」といひて、先々の様にしどけなき事ありけるには、罪にまかせて、重く軽くいましむる事ありければ、一度にあらず、たびたびしどけなき事あれば、「をもくいましめん」とて、めすなりけり。

「ここにめしていて参たり」と人の申しければ、さきざきするやうにしふせて、しりかしらにのぼりゐたる人、しもとをまうけて、打べきひとまうけて、さきに人ふたりひきはりて出きたるをみれば、頭は黒髪もまじらず、いと白くとし老たり。

みるに打せん事いとおしくおぼえければ、「何事につけてかこれをゆるさん」と思ふに、事つくべき事なし。あやまちどもをかたはしよりとふに、ただ老をかうけにていらへおる。「いかにしてこれをゆるさん」と思て、「をのれはいみじき盗人かな。哥はよみてんや」といへば、「はかばかしからず候ども、よみ候なん」と申ければ、「さらば、つかまつれ」といはれて、程もなくわななきこゑにてうちいだす。

としをへてかしらの雪はつもれどもしもとみるにぞ身はひえにけり

と、いひければ、いみじうあはれがりて、感じてゆるしけり。

人はいかにもなさけはあるべし。

text/yomeiuji/uji111.txt · 最終更新: 2015/05/24 17:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa