Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第98話(巻7・第7話)式成・満・則員等三人、滝口の弓藝に召さるる事

式成満則員等三人被召滝口弓藝事

式成・満・則員等三人、滝口の弓藝に召さるる事

これも今はむかし、鳥羽院、位の御時、白河院の武者所の中に、「宮道式成、源満、則員、ことに的弓の上手なり」とそのとききこえありて、鳥羽院位の御時の滝口に三人ながらめされぬ。こころみあるに、大かた一度もはづさず、これをもてなし興ぜさせ給。

或時、三尺五寸の的をたびて、「これが第二のくろみ、射おとして持てまいれ」と仰あり。巳時に給はりて、未時に射おとしてまいれり。いたつき、三人の中に三手なり。

「矢とりて、矢取の帰らんをまたば、程へぬべし」とて、残の輩、我と矢を走たちて、とりどりして、立かはり立かはりいる程に、未のときのなからばかりに、第二のくろみを射めぐらして、いおとして持てまいれりけり。

「これすでにやうゆうがごとし」と、時の人ほめののしりけるとかや。

text/yomeiuji/uji098.txt · 最終更新: 2014/10/06 22:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa