Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第95話(巻7・第4話)検非違使忠明の事

検非違使忠明事

検非違使忠明の事

これも今はむかし、ただあきらといふ検非違使有けり。

それが若かりける時、清水の橋のもとにて、京童部どもと、いさかひをしけり。京童部、手ごとに刀をぬきて、ただあきらをたちこめて殺さんとしければ、忠明も太刀を抜て、御堂ざまにのぼるに、御堂の東の妻にもあまた立て、むかひあひたれば、内へ逃て、しとみのもとを脇にはさみて、前の谷へおどりおつ。しとみ、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐりやうに、やをら落にければ、それより逃ていにけり。

京童部どもも谷を見おろして、あさましがりて、立なみて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなん。

text/yomeiuji/uji095.txt · 最終更新: 2016/02/27 21:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa