Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第83話(巻6・第1話)広貴、妻の訴に依て、炎魔宮ヘ召さるる事

広貴依妻訴炎魔宮ヘ被召事

広貴、妻の訴に依て、炎魔宮ヘ召さるる事

校訂本文

これも今は昔、藤原広貴1)といふ者ありけり。

死にて、閻魔の庁に召されて、王の御前とおぼしき所に参りたるに、王、のたまふやう、「なんぢが子を孕みて、産をしそこなひたる女、死にたり。地獄に落ちて、苦を受くるに、これへ申すことのあるによりて、なんぢをば召したるなり。まづ、さることあるか」と問はるれば、広貴、「さること候ひき」と申す。王、のたまはく、「妻の訴(うた)へ申す心は、『われ、男に具して、ともに罪を作りて、しかも、かれが子を産みそこなひて、死して、地獄に落ちて、かかる耐へがたき苦を受け候へども、いささかも、わが後世をも弔(とぶら)ひ候(さぶら)はず。されば、われ一人、苦を受け候ふべきやうなし。広貴をもろともに召して、同じやうにこそ、苦を受け候はめ』と申すによりて、召したるなり」とのたまへば、広貴が申すやう、「この訴へ申すこと、もつともことわりに候ふ。公私(おほやけわたくし)、世を営み候ふ間、思ひながら、後世をば弔ひ候はで、月日はかなく過ぎ候ふなり。ただし、今におき候ひては、ともに召されて、苦を受け候ふとも、かれがために苦の助かるべきに候はず。されば、このたびは暇(いとま)を給はりて、娑婆にまかり帰りて、妻のために、よろづを捨てて、仏経を書き供養して、弔ひ候はん」と申せば、王、「しばし候(さぶら)へ」とのたまひて、かれが妻を召し出だして、なんぢが夫、広貴が申すやうを問ひ給へば、「げにげに、『経仏をだに書き供養せん』と申し候はば、とく免し給へ」と申す時に、また、広貴を召し出だして、申すままのことを仰せ聞かせて、「さらば、このたびはまかり帰れ。たしかに、妻のために、仏経を書き供養して、弔ふべきなり」とて、返しつかはす。

広貴、かかれども、これはいづく、誰(たれ)かのたまふぞとも知らず、免されて、庭を立ちて、帰る道にて思ふやう、「この玉の簾の内に居させ給ひて、かやうにものの沙汰して、われを返さるる人は、誰にかおはしますらん」と、いみじく、おぼつかなく思えければ、また参りて、庭に居たれば、簾の内より、「あの広貴は、返しつかはしたるにはあらずや。いかにして、また参りたるぞ」と問はるれば、広貴申すやう、「はからざるに御恩をかうぶりて、帰りがたき本国へ帰り候ふことを、いかにおはします人の仰せともえ知り候はで2)、まかり帰り候はんことの、きはめていぶせく口惜しく候へば、恐れながら、これを承りに、また参りて候ふなり」と申せば、「なんぢ、不覚なり。閻浮提にしては、われを地蔵菩薩と称す」とのたまふを聞きて、「さは、炎魔王と申すは、地蔵にこそおはしましけれ。この菩薩につかまつらば、地獄の苦をばまぬがるべきにこそあんめれ」と思ふほどに、三日といふに生き返りて、その後、妻のために仏経書き供養してけりとぞ。

『日本法華験記』に見えたるとなん。

翻刻

これも今はむかし藤原広貴と云物ありけり死て閻
魔の庁にめされて王の御前とおほしき所に参たるに
王の給やう汝か子を孕て産をしそこなひたる女死たり
地獄に落て苦をうくるにこれへ申事のあるによりて汝をはめし
たる也まつさる事あるかととはるれはひろたかさる事さふらひき
と申王の給はく妻のうたへ申心はわれ男にくしてともに罪を
つくりてしかもかれか子を産そこなひて死して地獄に落てかかる
たへかたき苦をうけ候へともいささかも我後世をもとふらひさふら
はすされは我一人苦をうけさふらふへきやうなし広貴を諸共に/86オy175
めしておなしやうにこそ苦をうけさふらはめと申によりてめし
たるなりとの給へは広貴か申やう此うたへ申事尤ことはりに候
大やけわたくし世をいとなみ候あひた思なから後世をはと
ふらひ候はて月日はかなく過さふらふ也たたし今にをき候ては
ともにめされて苦をうけ候ともかれかために苦のたすかるへき
に候はすされはこのたひはいとまを給はりて娑婆に罷帰
て妻のためによろつをすてて仏経を書供養してとふらひ候
はんと申せは王しはしさふらへとの給てかれか妻をめし出て汝か
夫ひろたかか申やうを問給へは実々経仏をたに書供養せん
と申候ははとくゆるし給へと申時に又広貴をめし出て申まま
の事を仰きかせてさらはこのたひはまかり帰れたしかに妻の
ために仏経を書供養してとふらふへき也とてかへしつかはす広
貴かかれとも是はいつくたれかの給そともしらすゆるされて庭を立/86ウy176
て帰る道にておもふやう此玉の簾のうちにゐさせ給てかやうに
物のさたして我をかへさるる人はたれにかおはしますらんといみしく
おほつかなくおほえけれは又まいりて庭にゐたれは簾の内よ
りあの広貴は返しつかはしたるにはあらすやいかにして又
まいりたるそととはるれはひろたか申やうはからさるに御恩
をかうふりて帰かたき本国へかへり候事をいかにおはします人の
仰ともえしり候はんまかり帰候はん事のきはめていふせく
口惜候へは恐なからこれをうけ給はりに又まいりて候なりと申せは
汝ふかくなり閻浮提にしてはわれを地蔵菩薩と称すとの
給をききてさは炎魔王と申は地蔵にこそおはしましけれ此
菩薩に仕らは地獄の苦をはまぬかるへきにこそあんめれと思ふ
程に三日といふに生帰てそののち妻のために仏経かき供
養してけりとそ日本法花験記にみえたるとなん/87オy177
1)
『日本霊異記』下9では「藤原広足」。
2)
「候はで」は底本「候はん」。諸本により訂正。
text/yomeiuji/uji083.txt · 最終更新: 2018/06/16 21:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa