Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第79話(巻5・第10話)或僧、人の許にて、氷魚盗み食たる事

或僧人ノ許ニテ氷魚盗食タル事

或僧、人の許にて、氷魚盗み食たる事

これも今はむかし、ある僧、人のもとへいきけり。

酒などすすめけるに、氷魚、はじめていできたりければ、あるじめづらしく思ひてもてなしけり。あるじ、ようの事ありて、内へ入て、又いでたりけるに、この氷魚、ことのほかにすくなく成たりければ、あるじ、「いかに」とおもへども、いふべきやうもなかりければ、物がたりしゐたりける程に、この僧の鼻より、氷魚の一ふといでたりければ、あるじあやしうおぼえて、「その御はなよりひをの出たるは、いかなる事にか」といひければ、とりもあへず、「この比の氷魚は目鼻よりふり候なるぞ」といひたりければ、人みな「は」とわらひけり。

text/yomeiuji/uji079.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa