Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第64話(巻4・第12話)式部大夫実重、賀茂の御正体拝見の事

式部大夫実重賀茂御正体拝見事

式部大夫実重、賀茂の御正体拝見の事

これも今はむかし、式部大夫重実は賀茂へまいる事ならびなき物なり。前生の運、おろそかにして、身に過たる利生にあづからず。

人の夢に大明神、「又、実重きたり。又、実重きたり」とて、なげかせおはしますよしみけり。

実重、御本地をみたてまつるべきよし、祈申に、有夜、下の御社に通夜したる夜、上へまいるあひだ、なからきのほとりにて、行幸にあひたてまつる。百官供奉つねのごとし。実重、片薮にかくれゐてみれば、鳳輦の中に金泥の経、一巻たたせおはしましたり。その外題に「一称南無仏。皆已成仏道」と、かかれたり。

夢、則さめぬとぞ。

text/yomeiuji/uji064.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa