Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第64話(巻4・第12話)式部大夫実重、賀茂の御正体拝見の事

式部大夫実重賀茂御正体拝見事

式部大夫実重、賀茂の御正体拝見の事

校訂本文

これも今は昔、式部大夫実重1)は、賀茂へ参ること、ならびなき者なり。前生の運、おろそかにして、身に過ぎたる利生にあづからず。

人の夢に、大明神2)、「また実重、来たり、来たり」とて、歎かせおはしますよし、見けり。

実重、御本地を見奉るべきよし、祈り申すに、ある夜、下の御社に通夜したる夜、上へ参るあひだ、なから木のほとりにて、行幸に合ひ奉る。百官供奉、常のごとし。実重、片薮に隠れ居て見れば、鳳輦の中に金泥の経、一巻立たせおはしましたり。その外題に「一称南無仏。皆已成仏道」と書かれたり。

夢、すなはち覚めぬとぞ。

翻刻

これも今はむかし式部大夫実重は賀茂へまいる事ならひ
なき物なり前生の運おろそかにして身に過たる利生に
あつからす人の夢に大明神又実重きたりきたりとてなけ
かせおはしますよしみけり実重御本地をみたてまつる
へきよし祈申に有夜下の御社に通夜したる夜上へまいる
あひたなからきのほとりにて行幸にあひたてまつる百官
供奉つねのことし実重片薮にかくれゐてみれは鳳輦の中
に金泥の経一巻たたせおはしましたりその外題に一称南
無仏皆已成仏道とかかれたり夢則さめぬとそ/71ウy146
1)
平実重
2)
賀茂大明神
text/yomeiuji/uji064.txt · 最終更新: 2018/03/18 18:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa