Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第58話(巻4・第6話)東北院の菩提講の聖の事

東北院菩講聖事

東北院の菩講の聖の事

東北院の菩提講はじめける聖は、もとはいみじき悪人にて、人屋に七度ぞ入たりける。

七たびといひけるたび、検非違使どもあつまりて、「これはいみじき悪人也。一二度人屋にゐんだに人としてはよかるべき事かは。まして、いくそばくのおかしをして、かく七たびまでは、あさましくゆゆしき事也。このたび、これが足切てん」とさだめて、足きりに出ゆきてきらんとするほどに、いみじき相人ありけり。それが物へいきけるが、此あしきらむとするものによりていふやう、「この人をのれにゆるされよ。これはかならず往生すべき相ある人なり」といひければ、「よしなき事いふ。ものもおぼえぬ相する御房かな」といひて、ただ切にきらんとすれば、そのきらんとするあしのうえにのぼりて、「このあしのかはりに、わが足をきれ。往生すべき相あるもののあしきらせては、いかでかみんや。おうおう」とおめきければ、切んとする物ども、しあつかひて、検非違使に、「かうかうの事侍」といひければ、やんごとなき相人のいふ事なれば、さすがにもちひずもなくて、別当に、「かかる事なんある」と申ければ、「さらば、ゆるしてよ」とて、ゆるされにけり。

その時、この盗人、心おこして法師に成ていみじき聖に成て、此菩提講ははじめたる也。まことにかなひて、いみじく終とりてこそ、うせにけれ。

かかれば、かうみやうせんずる人はその相ありとも、おぼろげの相人のみる事にてもあらざりけり。はじめをきたる講も、けふまでたたぬは、まことにあはれなる事なりかし。

text/yomeiuji/uji058.txt · 最終更新: 2014/10/01 04:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa