Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第57話(巻4・第5話)石橋の下の蛇の事

石橋下蛇事

石橋の下の蛇の事

此ちかくの事なるべし。女ありけり。雲林院の菩提講に、大宮をのぼりにまいりける程に、西院のへんちかく成て、石橋ありけり。水のほとりを廿あまり、卅ばかりの女房、中ゆひてあゆみゆくが、石はしをふみかえして過ぬるあとに、ふみかへされたる橋のしたにまだらなるこくちなはの、きりきりとしてゐたれば、「石のしたにくちなはのありける」とみるほどに、此ふみ返したる女のしりに立て、ゆらゆらとこのくちなはのゆけば、しりなる女のみるにあやしくて、「いかに思て行にかあらん。ふみいだされたるを『あし』と思て、『それが報答せん』と思ふにや。これがせんやうみむ」とてしりにたちて行に、此女、時々は見かへりなどすれども、我ともにくちなはのあるともしらぬげなり。又おなじやうに行人あれども、くちなはの女にぐして行くを、みつけいふ人もなし。ただ、最初みつけつる女の目にのみみえければ、「これがしなさんやうみん」と思て、この女の尻をはなれずあゆみ行程に、うりん院に、まいりつきぬ。

寺のいた敷にわだかまりて、此女居ぬれば、此蛇ものぼりて、かたはらにわだかまりてふしたれど、これを見つけさはぐ人なし。「希有のわざかな」と、目をはなたずみる程に、かうはてぬれば、女たちいづるにしたがひて、くちなはもつづきて出ぬ。此女「これがしなさんやうみん」とて、尻にたちて京ざまにいでぬ。下ざまに行とまりて家あり。その家にいれば、くちなはもぐして入りぬ。

「これぞ、これが家なりける」とおもふに、「ひるは、するかたなきなめり。よるこそ、とかくする事もあらんずらめ、これがよるのありさまを見ばや」とおもふに、みるべきやうもなければ、その家にあゆみよりて、「ゐ中よりのぼる人の、ゆきとまるべき所も候はぬを、こよひ斗やどさせ給なんや」といへば、このくちなはのつきたる女を、家あるじとおもふに、「ここにやどり給人あり」といへば、老たる女いできて「たれかの給ぞ」といへば、「これぞ家あるじなりける」と思て、「こよひ斗やどかり申なり」といふ。「よく侍なん。入ておはせ」と、いふ。「うれし」と、思て入りてみれば、板敷のあるにのぼりて、此女のゐたり。くちなはは、板敷のしもに、柱のもとにわだかまりてあり。めをつけてみれば、此女をまもりあげて、此くちなははゐたり。蛇つきたる女、「殿にあるやうは」など物がたりしゐたり。「宮仕する物也」とみる。

かかるほどに、日、ただくれに暮て、くらく成ぬれば、くちなはのありさまを、みるべきやうもなくて、此家主とおぼゆる女にいふやう、「かくやどさせ給へるかはりに、緒やある。うみてたてまつらん。火ともし給へ」といへば、「うれしくの給たり」とて、火ともしつ。お取出して、あづけたれば、それをうみつつみれば、「此女、ふしぬめり。いまや、よらんずらん。」とみれども、ちかくはよらず。「この事やがてもつげばや」と思へども、「つげたらば、我ためにもあしくやあらん」と思て、物もいえで、「しなさんやうみん」とて、夜中の過るまで、まもりゐたれ共、つゐにみゆるかたもなき程に、火消ぬれば、此女もねぬ。

明て後、「いかがあらん」と思て、まどひおきてみれば、此女、よき程にねおきて、ともかくもなげにて、家あるじとおぼゆる女にいふやう「こよひ夢をこそみつれ」といへば、「いかに見給へばぞ」ととへば、「『このねたる枕上に、人のゐる』と思てみれば、こしよりかみは人にて、しもはくちなはなる女の、きよげなるがゐていふやう『をのれは、人をうらめしと思ひし程に、かくくちなはの身をうけて、石橋の下におほくのとしをすぐして、わびしとおもひゐたる程に、昨日、をのれがをもしの石をふみ返し給しにたすけられて、石のその苦をまぬがれて、うれしと思ひ給しかば、『この人のおはしつらん所を、みをきたてまつりて、よろこびも申さむ』と思て、御供にまいりしほどに、菩提講の庭にまいり給ければ、その御供にまいりたるによりて、あひがたき法をうけ給たるによりて、おほく罪をさへほろぼして、その力にて人にむまれ侍べき功徳のちかくなり侍れば、いよいよ悦をいただきてかくてまいりたる也。このむくひには、物よくあらせたてまつりて、よきおとこなど、あはせたてまつるべきなり』といふとなんみつる」とかたるに、あさましくなりて、此やどりたる女のいふやう、「まことは、をのれはゐ中よりのぼりたるにも侍らず。そこそこに侍るもの也。それが、昨日菩提講に参り侍し道に、その程に行あひ給たりしが、しりに立て、あゆみまいりしに、大宮のその程に川の石橋をふみ返されたりし下より、まだらなりしこくちなはのいできて、御供に参しを、かくとつげ申さむと思しかども、つげたてまつりては我ためも悪事にてもやあらむずらんと、おそろしくて、え申さざりし也。誠に講の庭にもそのくちなは侍しかども、人もえみつけざりし也。はてて出給しおり、又ぐしたてまつりたりしかば、成はてんやうゆかしくて思もかけず、こよひここにて夜を明し侍りつる也。この夜中過るまでは、此蛇、柱のもとに侍つるが、明てみ侍つれば、くちなはもみえ侍らざりし也。それにあはせて、かかる夢がたりをし給へば、あさましく、おそろしくて、かくあらはし申なり。今よりは、これをついでにて、なに事も申さん」などいひかたらひて、後はつねに行かよひつつ、しる人になん成にけり。

さてこの女、よに物よく成て、この比はなにとはしらず、大殿の下家司のいみじく徳あるが妻に成て、よろづの事叶てぞ有ける。尋ばかくれあらじかしとぞ。

text/yomeiuji/uji057.txt · 最終更新: 2015/02/12 15:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa