Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第56話(巻4・第4話)妹背島の事

妹背島事

妹背島の事

土佐国幡多(はた)の郡に住む下種ありけり。おのが国にあらで、異国(ことくに)に田を作りけるが、おのがすむ国に苗代をして、植うべきほどになりければ、その苗を舟に入れて、植ゑん人どもに食はすべき物より始めて、鍋・釜・鋤・鍬・犂(からすき)などいふ物に至るまで、家の具を舟に取り積みて、十一・二ばかりなる、男子(をのこご)・女子(おんなこ)、二人の子を、舟の守り目に乗せ置きて、父母は「植ゑんといふ者、雇はん」とて、陸にあからさまに上りにけり。

舟をばあからさまに思て、少し引き据ゑて、繋がずして置きたりけるに、この童部(わらはべ)ども、舟底に寝入りにけり。潮の満ちければ、舟は浮きたりけるを、はなつきに少し吹き出だされたりけるほどに、干潮(ひしほ)に引かれて、はるかに湊へ出でにけり。

沖にては、いとど風吹きまさりければ、帆を上げたるやうにて行く。その時に、童部、起きて見るに、かかりたる方もなき沖に出で来(き)ければ、泣きまどへども、すべき方もなし。何方(いづかた)とも知らず、ただ吹かれて行きにけり。

さるほどに、父母は、人ども雇ひ集めて、「舟に乗らん」とて来て見るに、舟無し。「しばしは、風がくれに、さし隠したるか」と見るほどに、呼び騒げども、誰(たれ)かはいらへん。浦々求めけれども、なかりければ、いふかひなくて、やみにけり。

かくて、この舟は、はるかの沖にありける島に吹き付けてけり。童部ども、泣く泣く下りて、舟繋ぎて見れば、いかにも人なし。帰るべき方(かた)も思えねば、島に下りて、言ひけるやう、「今はすべきかたなし。さりとては、命を捨つべきにあらず。この食ひ物のあらんかぎりこそ、少しづつも食ひて生きたらめ。これ尽きなば、いかにして命はあるべきぞ。いざ、この苗の枯れぬさきに植ゑん」と言ひければ、「げにも」とて、水の流れのありける所の、田に作りぬべきを求め出だして、鋤・鍬はありければ、木切りて庵など作りけり。生(な)り物の木の、折に生りたる、多かりければ、それを取り食ひて、明かし暮らすほどに、秋にもなりにけり。

さるべきにやありけん、作ろたる田の良くて、こなたに作りたるにも、ことのほかまさりたりければ、多く刈り置きなどして、さりとてあるべきならねば、妻夫(めおとこ)になりにけり。男子(をのこご)、女子、あまた生み続けて、また、それが妻夫になりなりしつつ、大きなる島なりければ、田畑も多く作りて、このごろは、その妹背が生み続けたりける人ども、島にあまるばかりになりてぞあんなる。

妹背嶋とて、土佐国の南の沖にあるとぞ、人語りし。

翻刻

土佐国はたの郡にすむ下種ありけりをのか国にあらてこと
国に田を作けるかをのかすむ国に苗代をして植へき程に
なりけれはその苗を舟に入てうへん人ともにくはすへき物より
はしめて鍋釜鋤鍬からすきなといふ物にいたるまて家の具
を舟にとりつみて十一二はかりなるおのここをんなこ二人の子を
舟のまもりめにのせをきて父母はうへんといふ物やとはんとて陸に
あからさまにのほりにけり舟をはあからさまに思てすこしひき/63オy129
すへてつなかすしてをきたりけるに此わらはへとも舟そこにね入
にけりしほのみちけれは舟は浮たりけるをはなつきにす
こし吹いたされたりける程に干塩にひかれてはるかに湊へ
出にけり沖にてはいとと風吹まさりけれは帆をあけたる様
にてゆく其時に童部おきてみるにかかりたる方もなき沖
にいてきけれはなきまとへともすへき方もなしいつかたとも
しらすたたふかれて行にけりさる程に父母は人ともやとひあつ
めて舟にのらんとてきてみるに舟なししはしは風かくれに
さしかくしたるかとみる程によひさはけともたれかはいらへん
浦浦もとめけれともなかりけれはいふかひなくてやみにけり
かくてこの舟ははるかの沖に有ける嶋に吹付てけり童部
とも泣泣おりて舟つなきてみれはいかにも人なし帰へきかた
もおほえねは嶋におりていひけるやう今はすへきかたなしさり/63ウy130
とては命をすつへきにあらす此くひ物のあらんかきりこそ
すこしつつも食ていきたらめこれつきなはいかにしていのち
はあるへきそいさこの苗のかれぬさきにうへんといひけれはけ
にもとて水のなかれのありける所の田につくりぬへきをもとめい
たして鋤鍬はありけれは木きりて庵なとつくりけりなり
物の木のおりになりたるおほかりけれはそれを取食てあかし
くらすほとに秋にも成にけりさるへきにやありけん作たる
田のよくてこなたに作たるにもことのほかまさりたりけれは
おほく刈をきなとしてさりとてあるへきならねはめおとこに
なりにけりおのここ女子あまたうみつつけて又それか妻お
とこになりなりしつつ大きなる嶋なりけれは田畠もおほく
作て此比はその妹背かうみつつけたりける人ともしまに
あまるはかりになりてそあんなる妹背嶋とて土佐国の/64オy131
南の沖にあるとそ人かたりし/64ウy132
text/yomeiuji/uji056.txt · 最終更新: 2018/02/17 19:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa