Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第53話(巻4・第1話)狐、人に付きてしとぎ食ふ事

狐人ニ付テシトキ食事

狐、人に付きてしとぎ食ふ事

むかし、物のけわづらひし所に、物のけわたし候程に、もののけ物付につきていふやう、「をのれはたたりのもののけにても侍らず。うかれてまかりとほりつる狐なり。塚屋に子どもなど侍るが、ものをほしがりつれば、かやうの所には、くひ物ちろぼうものぞかしとて、まうできつる也。しとぎばしたべてまかりなん。」といへば、しとぎをせさせて、一おしきとらせたれば、すこしくひて、「あな、むまや。あな、むまや」といふ。

「此女の、しとぎほしかりければ、そら物つきて、かくいふ」とにくみあへり。

「紙、給りて、これつつみて、まかりて、たうめや。子どもなどにくはせん」といへば、紙を二枚ひきちがへて、つつみたれば、大きやかなるを、こしについはさみたれば、むねにさしあがりてあり。

かくて「をひ給へ。まかりなん」と、験者にいへば、「をへをへ」といへば、立あがりてたうれふしぬ。しばし斗ありて、やがて、おきあがりたるに、ふところなる物さらになし。

うせにけるこそ、ふしぎなれ。

text/yomeiuji/uji053.txt · 最終更新: 2014/09/30 19:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa