Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第49話(巻3・第17話)小野篁広才の事

小野篁広才事

小野篁広才の事

いまはむかし、小野篁といふ人おはしけり。

嵯峨の御門の御ときに内裏に札をたてたりけるに、「無悪善」とかきたりけり。御門、篁に「よめ」とおほせられたりければ、「よみはよみさぶらひなん。されど、恐にて候へば、え申さぶらはじ」と奏しければ、「ただ申せ」とたびたび仰られければ、「『さがなくてよからん』と申て候ぞ。されば君をのろひまいらせてなり」と申ければ、「これは、をのれはなちては、たれか書ん」とおほせられければ、「さればこそ申さぶらはじとは申て候つれ」と申に、御門「さて、なにもかきたらん物は、よみてんや」と仰られければ、「なににてもよみさぶらひなん」と、申ければ、片仮名のねもじを十二かかせ給て「よめ」と、おおせられければ、

 「ねこの子のこねこ、ししの子のこじし」

とよみたりければ、御門、ほほえませ給て事なくてやみにけり。

text/yomeiuji/uji049.txt · 最終更新: 2014/09/28 14:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa