Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第35話(巻3・第3話)小式部内侍、定頼卿の経にめでたる事

小式部内侍定頼卿ノ経ニメテタル事

小式部内侍、定頼卿の経にめでたる事

いまはむかし、小式部内侍に定頼中納言物いひわたりけり。それに又、時の関白かよひ給けり。局に入てふし給たりけるを、しらざりけるにや、中納言よりきて、たたきけるを、局の人「かく」とやいひたりけん、沓をはきて行きけるが、すこしあゆみのきて、経をはたとうちあげてよみたりけり。

二声ばかりまでは、小式部内侍、きと耳をたつるやうにしければ、此入てふし給へる人、「あやし」とおぼしける程に、すこし声とをうなるやうにて、四声五こゑばかり、ゆきもやらでよみたりける時、「う」といひてうしろ様にこそ、ふしかへりたりけれ。

この入ふし給へる人の「さばかり、たへがたう、はづかしかりし事こそ、なかりしか」と、後にの給ひけるとかや。

text/yomeiuji/uji035.txt · 最終更新: 2014/09/28 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa