Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第35話(巻3・第3話)小式部内侍、定頼卿の経にめでたる事

小式部内侍定頼卿ノ経ニメテタル事

小式部内侍、定頼卿の経にめでたる事

校訂本文

今は昔、小式部内侍に、定頼中納言1)、もの言ひわたりけり。それにまた、時の関白2)通ひ給ひけり。

局に入りて、臥し給ひたりけるを知らざりけるにや、中納言、寄り来て、叩きけるを、局の人、「かく」とや言ひたりけん、沓を履きて行きけるが、すこし歩み退(の)きて、経をはたとうちあげて読みたりけり。

二声ばかりまでは、小式部内侍、きと耳を立つるやうにしければ、この入りて臥し給へる人、「あやし」と思しけるほどに、少し声遠(とほ)うなるやうにて、四声・五声ばかり、行きもやらで読みたりける時、「う」と言ひて後ろざまにこそ、臥し返りたりけれ。

この入り臥し給へる人の、「さばかり、耐へがたう、恥かしかりしことこそ、なかりしか」と、後にのたまひけるとかや。

翻刻

いまはむかし小式部内侍に定頼中納言物いひわたりけりそれに又時の
関白かよひ給けり局に入てふし給たりけるをしらさりけるにや
中納言よりきてたたきけるを局の人かくとやいひたりけん沓を
はきて行けるかすこしあゆみのきて経をはたとうちあけてよみ
たりけり二声はかりまては小式部内侍きと耳をたつるやう
にしけれは此入てふし給へる人あやしとおほしける程にすこし声
とをうなるやうにて四声五こゑはかりゆきもやらてよみたり
ける時うといひてうしろ様にこそふしかへりたりけれこの入ふし
給へる人のさはかりたへかたうはつかしかりし事こそなかりしかと後に
の給ひけるとかや/44オy91
1)
藤原定頼
2)
藤原教通
text/yomeiuji/uji035.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa