Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第27話(巻2・第9話)季通、事に逢はんと欲する事

季通欲逢事事

季通、事に逢はんと欲する事

むかし駿河前司橘季通といふ物ありき。それがわかかりける時、さるべき所なりける女房を忍て行かよひける程に、そこにありける侍ども「なま六位の家人にてあらぬが、よひ暁に、この殿へ出入事わびし。これたてこめてかうぜん」と、いふ事をあつまりていひあはせけり。

かかる事をもしらで、例の事なれば小舎人童一人具して局に入ぬ。童をば「暁迎にこよ」とて返しやりつ。此うたんとするをのこども、うかがひまもりければ「例のぬしきて局に入ぬるは」と、告げまはして、かなたこなたの門どもをさしまはて、かぎとりをきて、侍どもひき杖して築地のくづれなどのある所に立ふたがりてまもりけるを、その局のめの童、けしきとりて主の女房に「かかる事のさぶらふは、いかなる事にか候らん」と、告げければ、主の女房もきき驚にたり。ふしたりけるが、おきて季通も装束してゐたり。女房、うへにのぼりて尋ぬれば「侍どもの心合せてする」とはいひながら、主のおとこも空しらずしておはする事と聞えて、すべきやうなくて、局に帰りてなきゐたり。

季通「いみじきわざかな、恥をみてんず」と思へども、すべきやうなし。めの童を出して出て「いぬべきすこしのひまやある。」と、みせけれども「さやうのひまある所には四五人づつ、くくりをあけ、そばをはさみて、太刀をはき、杖をわきはさみつつ、みなたてりければ、出べきやうもなし」といひけり。

この駿河前司は、いみじう力ぞつよかりける。「いかがせん。明ぬとも、この局にこもりゐてこそは、ひきいでに入こんものと取あひてしなめ。さりとも夜明て後、我ぞ人ぞとしりなん後には、ともかくもえせじ。ずんざどもよびにやりてこそ出てもゆかめ」と思ゐたりけり。「暁にこの童のきて、心もえず、門たたきなどして、わが小舎人童と心えられて、とらへしばられやせんずらん」と、それぞ不便に覚ければ、めの童を出して「もしや聞つくる」と、うかがひけるをも、侍どもはしたなくいひければ、なきつつ帰てかがまりゐたり。

かかる程に「暁方になりぬらん」とおもふほどに、此童いかにしてか入けん、入くるをとするを、侍「たそ、その童は」と、けしきとりてとへば、「あしくいらへなんず」と思ゐたるほどに、「御ど経の僧の童子に侍」となのる。さなのられて「とく過よ」といふ。「かしこくいらへつる物かな。よりきて、れいよぶめの童の名やよばんずらん」と、又それを思ゐたる程に、よりもこで過ていぬ。此童も心えてけり。うるせきやつぞかし。さ心えては、さりともたばかる事あらんずらん。と、童の心をしりたれば、たのもしく思たる程に、大路に女こゑして「ひはぎありて、人ころすや」と、をめく。それをききて、このたてる侍ども「あれからめよや、けしうはあらじ」といひて、みなはしりかかりて、門をもえあけあへずくづれより、はしりいでつつ、「いづかたへいぬるぞ」「こなた。かなた」と尋さはぐ程に、「此童のはかる事よ」と思ければ、走出て見るに、門をさしたれば、門をばうたがはず、くづれのもとに、かたへはとまりて、とかくいふ程に、門のもとに走りよりて、じやうをねじて引ぬきてあくるままに走のきて築地はしりすぐる程にぞ、此童は、はしりあひたる。

ぐして三町斗走のびて、れいのやうにのどかにあゆみて「いかにしたりつる事ぞ」といひければ「門どもの例ならずさされたるに、あはせてくづれに侍共の立ふたがりて、きびしげに尋とひさぶらひつれば、そこにては御読経の僧の童子と名のり侍りつれば、いで侍つるを、それよりまかり帰て、『とかくやせまし』と思給つれども、まいりたりとしられたてまつりてはあしかりぬべくおぼえ侍りつれば、声をきかれたてまつりてて、帰出て此隣なるめらはのくそまりゐて侍を、しゃ頭をとりてうちふせてきぬをはぎ侍りつれば、おめき候つるこゑにつきて、人々いでまうできつれば、『今はさりとも出させ給ぬらん』と、思て、こなたざまにまいりあひつるなり」とぞ、いひける。

童なれどもかしこくうるせきものはかかる事をぞしける。

text/yomeiuji/uji027.txt · 最終更新: 2015/01/31 02:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa