Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第21話(巻2・第3話)同僧正、大嶽の岩を祈り失ふ事

同僧正大嶽ノ岩祈失事

同僧正、大嶽ノ岩を祈り失ふ事

今は昔、静観僧正は、西塔の千手院といふ所に住給へり。その所は南むきにて大嶽をまもる所にて有けり。大たりの乾の方のそひに、大成いはほあり。其岩のあり様、龍の口をあきたるに似たりけり。

其岩のすぢに向て住ける僧ども、命もろくしておほく死けり。しばらくは「いかにして死ぬやらん」と心もえざりける程に、「此岩の有ゆへぞ」といひ立にけり。此岩を毒龍の巌とぞ名付けたりける。是によりて、西塔の有様ただあれにあれ而已まさりけり。

此千手院にも人おほく死ければ、住わづらひけり。此巌をみるに誠に龍の大口をあきたるに似たり。「人のいふ事は、げにもさありけり」と僧正思給て、此岩に向ひて、七日七夜か持し給ければ、七日といふ夜半斗に空くもり震動する事をびただし。大嶽に黒雲かかりてみえず。しばらく有て空晴ぬ。夜明て大嶽をみれば、毒龍巌くだけて散失にけり。

それより後、西塔に人住けれども、たたりなかりけり。西塔の僧どもは、件の座主をぞ今到迄たうとみおがみけるとぞ、語伝たる不思議の事也。

text/yomeiuji/uji021.txt · 最終更新: 2014/09/27 18:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa