Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第14話(巻1・第14話)小藤太、聟におどされたる事

小藤太聟ニオトセレタル事

小藤太、聟におどされたる事

これも今は昔、源大納言定房といひける人の許に、小藤太と云侍ありけり。やがて女房にあひぐしてぞありける。むすめも女房にてつかはれけり。この小藤太は、殿の沙汰をしければ、三とほり四通に居ひろげてぞありける。

此女の女房に、なまりやうけしのかよひけるありけり。よひに忍びて局へ入にけり。暁より雨ふりて、え帰らで、局に忍てふしたりけり。此女の女房は、うへへのぼりにけり。此聟の君、屏風を立まはして《ね》たりける。春雨いつとなくふりて、帰べきやうもなくて、ふしたりけるに、このしうとの小藤太「此聟の君、つれづれにておはすらん」とて、さかな折敷にすへて持て、いまかた手に提に酒を入て「ゑんよりいらんは、人みつべし」と思ておくの方より、さりげなくてもて行くに、此聟の君はきぬを引かつぎて、のけざまに臥たりけり。

「此女房のとくおりよかし」と、つれづれにおもひてふしたりける程に、おくのかたより遣戸をあけければ、うたがひなく「此女房のうへよりおるるぞ」と思て、きぬをば顔にかつぎながら、あの物をかきいだして、腹をそらして、けしけしとおこしければ、小藤太おびえてなげされかへりける程に、さかなも打ち《ら》し酒もさながらうちこぼして、大ひげをささげて、のけざまにふしてたをれたり。

かしらをあらう打て、まくれ入てふせりけり、とか。

text/yomeiuji/uji014.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa