Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第8話(巻1・第8話)易の占して金を取出す事

易ノ占シテ金取出事

易の占して金を取出す事

旅人の宿(やど)求めけるに、大きやかなる家の、あばれたるがありけるによりて、「ここに宿し給ひてんや」と言へば、女声にて、「よきこと。宿り給へ」と言へば、みな下り居にけり。屋、大きなれども、人、ありげもなし。ただ、女一人ぞある気配しける。

かくて、夜明けにければ、もの食ひしたためて、出でて行くを、この家にある女、出で来て、「え出でおはせじ。留(とど)まり給へ」と言ふ。「こはいかに」と問へば、「おのれは、金千両負ひ給へり。そのわきまへしてこそ出で給はめ」と言へば、この旅人の従者(ずんざ)ども笑ひて、「あらじや。讒(ざん)なんめり」と言へば、この旅人、「しばし」と言ひて、また下り居て、皮子、乞ひよせて、幕、引きめぐらして、しばしばかりありて、この女を呼びければ、出で来にけり。

旅人、問ふやうは、「この親は、もし、易の占ひといふことやせられし」と問へば、「いさや侍りけん。そのし給ふやうなることは、し給ひき」と言へば、「さるなり」と言ひて、「さても、何事にて『千両金負ひたる、そのわきまへせよ』とは言ふぞ」と問へば、「おのれが親の失せ侍りし折に、世の中にあるべきほどの物など、得させ置きて申ししやう、『今なん十年ありて、その月に、ここに旅人来て、宿らんとす。その人は、わが金を千両負ひたる人なり。それに、その金を乞ひて、堪へがたからん折は、売りて過ぎよ』と申しかば、今までは、親の得させて侍りし物を、少しづつも売り使ひて、今年となりては、売るべき物も侍らぬままに、『いつしか、わが親の言ひし月日の、とく来(こ)かし』と待ち侍りつるに、今日にあたりて、おはして宿り給へれば、『金負ひ給へる人なり』と思ひて申すなり」と言へば、「金のことはまことなり。さることもあるらん」とて、女を片隅に引きて行きて、人にも知らせで、柱を叩かすれば、うつほなる音(こゑ)のする所を「くは、これが中にのたまふ金はあるぞ。開けて、すこしづつ取り出でて使ひ給へ」と教へて出でて去にけり。

この女の親の、易の占の上手にて、この女のありさまを勘(かんが)へけるに、「いま十年ありて貧しくならんとす。その月日、易(やく)の占する男来て、宿らんずる」と勘へて、「『かかる金ある』と告げては、まだしきに取出でて、使ひ失ひては、貧しくならんほどに、使う物なくてまどひなん」と思ひて、しか言ひ教へて、死にける後にも、この家をも売り失なはずして、今日を待ちつけて、この人をかく責めければ、これも易(ゑき)の占する者にて、心を見て。占ひ出だして、教へて、出でて去にけるなりけり。

易(ゑき)の卜は、行く末を掌の中のやうにさして、知ることにてありけるなり。

翻刻

旅人のやともとめけるに大きやかなる家のあはれたるかありけるに
よりてここにやとし給てんやといへは女こゑにてよき事やとり給へ
といへはみなおりゐにけりやおほきなれとも人ありけもなしたた女
一人そあるけはいしけるかくて夜あけにけれは物くひしたためて
いてて行をこの家にある女いてきてえいておはせしととまり
給へといふこはいかにととへはおのれは金千両をひ給へりその
わきまへしてこそ出給はめといへはこの旅人のすんさともわらひて
あらしやさんなんめりといへは此たひ人しはしといひて又おりゐて
皮子こひよせて幕引めくらしてしはしはかりありて此女をよひけれは
出きにけり旅人とふやうはこの親はもし易の占といふ事やせ
られしととへはいさや侍けんそのし給ふやうなる事はし給きと
いへはさるなりといひてさても何事にて千両金をひたるその/12ウy28
わきまへせよとはいふそととへはをのれかおやの失侍しおりに世中
にあるへき程の物なとえさせをきてまうししやういまなん
十年ありてその月にここに旅人来てやとらんとすその人は我
金を千両をひたる人なりそれにその金をこひてたへかた
からんおりはうりてすきよと申しかは今まては親のえさせて侍し
物をすこしつつもうりつかひてことしとなりてはうるへき物も侍ら
ぬままにいつしか我親のいひし月日のとくこかしと待侍つるにけふ
にあたりておはしてやとり給へれは金をひ給へる人なりと思て申也
といへは金の事はまことなりさる事もあるらんとて女をかたすみ
に引てゆきて人にもしらせて柱をたたかすれはうつほなるこゑの
する所をくはこれか中にのたまふ金はあるそあけてすこしつつ
とりいててつかひ給へとをしへて出ていにけり此女のおやの易の
占の上手にて此女のありさまを勘へけるにいま十年ありてまつし/13オy29
くならんとすその月日やくの占する男きてやとらんすると
かんかへてかかる金あるとつけてはまたしきに取いててつかひうしなひ
てはまつしくならん程につかう物なくてまとひなんと思ひてしかいひを
しへて死ける後にもこの家をもうりうしなはすしてけふを待つけ
てこの人をかくせめけれはこれもゑきの占する物にて心をみてうら
なひいたしてをしへていてていにけるなりけりゑきの卜は行すゑ
を掌の中のやうにさしてしる事にてありける也/13ウy30
text/yomeiuji/uji008.txt · 最終更新: 2017/10/19 19:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa