Recent changes RSS feed

大和物語

第168段 深草の御門と申しける御時良少将といふ人いみじき時にありけり・・・

校訂本文

深草の御門(仁明天皇)と申しける御時、良少将1)といふ人、いみじき時にありけり。いと色好みになんありける。

忍びて時々逢ひける女、同じ内裏(うち)にありけり。「今宵、必ず逢はん」と契りたりける夜(よ)なりけり。女、いたう化粧(けさう)じて待つに、音もせず。目を覚まして、「夜や更けぬらん」と思ふほどに、時申す音のしければ、聞くに、「丑三つ」と申しけるを聞きて、男のもとに言ひやりける、

  人心うしみつ今は頼まじよ

と言ひやりけるに、おどろきて、

  夢に見ゆやとねぞ過ぎにける

とぞ、付けてやりける。「しばし」と思ひてうち休みけるほどに、寝過ぎにたるになんありける。

かくて、世にも労(らう)あるものに思え、つかうまつる御門、かぎりなく思されてあるほどに、この御門、失せ給ひぬ。御葬(はふ)りの夜、御供にみな人つかうまつる中に、その夜(よ)より、この良少将失せにけり。友達も妻(め)も、「いかならん」とて、しばしはここかしこ求むれども、音にも耳にも聞こえず。「法師にやなりにけん、身をや投げてけん。法師になりたらば、さてなんあるとも聞こえなん。なほ身をなん投げたるなるべし」と思ふに、世の中にもいみじくあはれがり、妻子(めこ)どもは、さらにも言はず、夜昼(よるひる)、精進(さうじ)潔斎(いもひ)をして、世間の仏(ほとけ)・神に願を立ててまどへど、音にも聞こえず。

妻は三人なんありけるを、よろしく思ひけるには、「『なほ、世に経じ』となん思ふ」と、二人にはなん言ひけり。かぎりなく思ひて、子どもなどある妻には、塵ばかりもさる気色も見せざりけり。このことをかけても言はば、女も「いみじ」と思ふべし。われもえかくなるまじき心地のしければ、寄りだに来で、にはかになん失せにける。

ともかくもなれ、「かくなん思ふ」とも言はざりけることの、いみじきことを思ひつつ、泣き入られて、初瀬の御寺(みてら)2)に、この妻、詣でにけり。この少将は、法師になりて、蓑(みの)一つをうち着て、世間世界を行ひ歩(あり)きて、初瀬の御寺に行ふほどになんありける。ある局(つぼね)近く居て行へば、この女、導師に言ふやう、「この人、かくなくなりにたるを、生きて世にあるものならば、いま一度(ひとたび)あひ見せ給へ。身を投げ死にたるものならば、その道になし給へ。さてなん、死にたるとも、この人のあらんやうを、夢にても、うつつにても、聞き見せ給へ」と言ひて、わが装束・上下(かみしも)・帯・太刀まで、みな誦経(ずきやう)にしけり。みづからも、申しもやらず泣きけり。

初めは、「何人の詣でたらん」と聞き居たるに、わが上をかく申しつつ、わが装束をかく誦経にするを見るに、心肝(こころきも)もなく、悲しきことものに似ず。「走りや出でなまし」と千度(ちたび)思ひけれど、思ひ返し思ひ返し居てて、夜一夜(よひとよ)泣き明かしけり。わが妻子(めこ)どもの、泣く泣く申す声どもも聞こゆ。いといみじき心地しけり。

されど念じて泣き明かして、朝(あした)に見れば、蓑も何も、涙のかかりたる所は、血の涙にてなんありける。「いみじく泣けば、血の涙といふものはあるものになんありける」とぞ言ひける。「その折なん、走りも出でぬべき心地せし」とぞ、のちに言ひける。

かかれど、なほえ聞かず。御果てになりぬ。御服脱ぎに、よろづの殿上人、河原に出でたるに、童の異様(ことやう)なるなん、柏に書きたる文を持(も)て来たる。取りて見れば、

  皆人は花の衣(ころも)になりぬなり苔のたもとよ乾きだにせよ

とありみれば、この良少将のてにみなしつつ、「いづら」と言ひて、持て来し人を世界に求むれどなし。法師になりたるべしとは、これにてなん皆人知りにける。されど、いづこにかあらんといふこと、さらにえ知らず。

かくて、世の中にありといふことを聞こし召して、五条の后の宮3) より、内舎人、御使ひにて、山々尋ねさせ給ひけり。「ここにあり」と聞きて行けば、失せぬ。「かしこにあり」と聞きて尋ねければ、また失せぬ。え会はず。

からうじて、隠れたる所にゆくりもなく入りにけり。え隠れえで、あわて会ひにけり。「宮より御使ひになん参り来つる」とて、「仰せごとには、『かう御門もおはしまさず、むつまじく思し召しし人も、かたへ4)と思ふべきに、かく世に失せ隠れ給ひにたれば、いとなん悲しき。などか山林に行ひ給ふとも、ここにだに消息ものたまはぬ。御里とありし所にも、音もし給はざらんなれば、いとあはれになん泣き給ふなる。いかなる御心(みこころ)にてか、かうはものし給ひけんと聞こえよ』となん、仰せられつる。ここかしこ尋ね奉りてなん参り来つる」と言ふ。

少将大徳、うち泣きて、「仰せごと、かしこまりて承りぬ。御門隠れたまひて、かしこき御かげにならひて、おはしまさぬ世に、しばしもあり経(ふ)べき心地のし侍らざりしかば、かかる山の末にこもり侍りて、死なんを期(ご)にてと思ひ給ふるを、まだなん、かくあやしきことは生きめぐらひ侍る。いともかしこく問はせ給へる。ことに童(わらはべ)の侍ること、さらに忘れ侍る時も侍らず」とて、

  「『かぎりなき雲居のよそに別るとも人を心に送らざらめや

となん申しつる』と啓し給へ」と言ひける。

この大徳の顔・形・姿を見るに、悲しきことものに似ず。その人にもあらず、影のごとくになりて、ただ蓑をのみなん着たりける。少将にてありし時のさま、いときよげなりしを思ひ出でて、涙もとどまらざりけり。悲しとても、片時(かたとき)人の居たるべき所にもあらぬ山の中なりければ、泣く泣く、「さらば」と言ひて、帰り来て、この大徳尋ね出でてありつるよしを、かんのくだり5)啓せさせけり。

后の宮も、いといたう泣き給ふ。さぶらふ人々も、いらなくなん泣きあはれがりける。宮の御返りも、人々の消息も、言ひつけてまたやれりければ、ありし所にもまたなくなりにけり。

小野小町といふ人、正月に清水6)に詣でにけり。行ひなどして聞くに、あやしう貴き法師の声にて、読経し陀羅尼読む。この小野小町、あやしがりて、つれなきやうにて、人をやりて見せ7)ければ、蓑一つを着たる法師8)の、腰に火打笥(ひうちげ)など結ひ付けたるなん、隅(すみ)に居たる」と言ひけり。

かくて、なほ聞くに、声いと貴くめでたう聞こゆれば、「ただなる人には、よもあらじ。もし、少将大徳にやあらん」と思ひにけり。「いかが言ふ」とて、「この御寺になん侍る」と、「いと寒きに、御衣一つ、しばし貸し給へ」とて、

  岩の上に旅寝をすればいと寒し苔の衣をわれに貸さなん

と言ひやりたる返しに、

  世をそむく苔の衣はただ一重かさねばつらし9)いざ二人寝ん

と言ひたるに、「さらに少将なりけり」と思ひて、ただにも語らひし仲なれば、「会ひてもの言はん」と思ひて行きければ、掻い消つやうに失せにけり。一寺(ひとてら)求めさすれど、さらになし。逃げて失せぬ。

かくて、失せにける大徳なん僧正までなりて、花山(くわざん)といふ寺に住み給ひける。

俗にいますかりける時の子どもありけり。太郎、左近将監にて殿上してありける。かく世にいますかりと聞く時だに、とてもかくてもやりければ、行きたりければ、「法師の子は法師なるぞよき」とて10)、これも法師11)になしてけり。かくてなん、

  折りつればたぶさにけがる12)たてながら三世(みよ)の仏に花奉る13)

といふも、僧正の御歌になんありける。

この、子を押し成し給ひける大徳は、心にもあらでなりたりければ、親にも似で、京にも通ひてなんし歩(あり)きける。この大徳の親族(しぞく)なりける人のむすめの、「内裏(うち)に奉らん」とてかしづきけるを、みそかに語らひけり。

親聞きつけて、男をも女をも、すげなくいみじく言ひて、この大徳を寄せずなりにければ、山に坊して居て、言通(ことかよ)ひもえせざりけり。いと久しくありて、このさわかれし女の兄人(せうと)どもなどなん、人のわざしに山に登りたりける。この大徳の住む所に来て物語などして、うち休みたりけるに、衣(きぬ)のくびに書き付けける。

  白雲の宿る峰にぞおくれぬる思ひのほかにある世なりけり

と書きたりけるを、この兄人の兵衛の尉は、知らで京へ往ぬ。妹、見付けて、「あはれ」とや思ひけん。これは僧都になりて、京極の僧都といひていますかりける。

翻刻

良峯宗貞蔵人頭右近少将従五位上
大納言右大将安世四男
(仁明天皇)ふかくさのみかとと申ける御とき良
少将といふ人いみしきときにありけり
いといろこのみになんありけるしのひ
てときときあひける女同うちにあり
けりこよひかならすあはんとちきり
たりけるよなりけり女いたうけさ
うしてまつにおともせすめをさ
ましてよやふけぬらんとおもふほとに/d66l
時申をとのしけれはきくにうし三と申
けるをききておとこのもとにいひやりける
  ひとこころうしみついまはたのましよ
といひやりけるにおとろきて
  ゆめにみゆやとねそすきにける
とそつけてやりけるしはしとおもひ
てうちやすみけるほとにねすき
にたるになんありける
かくてよにもらうあるものにおほえ
つかうまつるみかとかきりなくお
ほされてあるほとにこの御かとうせ/d67r
給ぬ 嘉祥二年正月蔵人頭三年(乙巳)帝崩御(丙午)出家三十五
御はふりのよ御ともにみな人つかうま
つるなかにそのよよりこの良少将
うせにけりともたちもめも
いかならんとてしはしはここかしこもと
むれともおとにもみみにもきこえす
ほうしにやなりにけんみをやなけ
てけんほうしになりたらはさて
なんあるともきこえなんなをみを
なんなけたるなるへしとおもふに
よのなかにもいみしくあはれかりめ/d67l
こともはさらにもいはすよるひるさう
しいもゐをしてせけんのほとけか
みにくわんをたててまとへとおと
にもきこえすめは三人なんあり
けるをよろしくおもひけるには
なをよにへしとなんおもふとふた
りにはなんいひけりかきりな
くおもひてこともなとあるめに
はちりはかりもさるけしきも
みせさりけりこのことをかけても
いはは女もいみしとおもふへしわれも/d68r
えかくなるましき心ちのしけれは
よりたにこてにはかになんうせに
けるともかくもなれかくなんおもふ
ともいはさりけることのいみしきこ
とをおもひつつなきいられてはつせ
のみてらにこのめまうてにけり
この少将はほうしになりてみのひ
とつをうちきてせけんせかいをお
こなひありきてはつせのみてら
におこなふほとになんありける
あるつほねちかくゐてをこなへは/d68l
この女たうしにいふやうこのひと
かくなくなりにたるをいきて
よにあるものならはいまひとたひ
あひみせ給へみをなけしにたる
ものならはそのみちになし給へ
さてなんしにたるともこの人の
あらんやうをゆめにてもうつつ
にてもききみせ給へといひてわかしや
うそくかみしもをひたちまて
みなすきやうにしけり身つか
らも申もやらすなきけり/d69r
はしめはなに人のまうてたらん
とききゐたるにわかうへをかく
申つつわかさうそくをかくすき
やうにするをみるにこころきも
もなくかなしきことものににすはしりやいてなましと
ちたひおもひけれとおもひかへしおもひかへし
ゐてよひとよなきあかしけりわか
めことものなくなく申こへともも
きこゆいといみしき心ちしけり
されとねんしてなきあかしてあし
たにみれはみのもなにもなみたの/d69l
かかりたる所はちのなみたにてな
んありけるいみしくなけはちの
なみたといふものはある物になんありけるとそ
いひけるそのをりなんはしりも
いてぬへき心ちせしとそのちに
いひけるかかれとなをえきかす御
はてになりぬ御ふくぬきによ
ろつのてんしやう人かはらにいて
たるにわらはのことやうなるなん
かしわにかきたるふみをもて
きたるとりてみれは/d70r
  みな人ははなのころもになりぬ
  なりこけのたもとよかはきたにせよ
とありみれはこの良少将のてにみなし
つついつらといひてもてこし人をせか
ひにもとむれとなしほうしにな
りたるへしとはこれにてなんみな
ひとしりにけるされといつこにかあら
んといふことさらにえしらすかくて
よのなかにありといふことをきこ
(五条皇太后宮順子文徳天皇母后左大臣冬嗣女)
しめして五てうのきさいのみや
よりうとねり御つかひにてやまやま/d70l
たつねさせたまひけりここにありと
ききていけはうせぬかしこにありと
ききてたつねけれはまたうせぬえあ
はすからうしてかくれたるところに
ゆくりもなくいりにけりえかくれ
えてあはてあひにけりみやより御
つかひになんまいりきつるとてお
ほせことにはかうみかともおはしまさ
すむつましくおほしめしし人も
かたへとおもふへきにかくよにう
せかくれたまひにたれはいとなん/d71r
かなしきなとか山林にをこなひ給とも
ここにたにせうそこものたまはぬ御さ
ととありしところにもおともし給
はさらんなれはいとあはれになんなき
たまふなるいかなるみこころにてか
かうはものし給けんときこえよとなん
おほせられつるここかしこたつねたて
まつりてなんまいりきつるといふ
少将たいとくうちなきておほせ
ことかしこまりてうけ給はりぬみ
かとかくれたまひてかしこき御かけに/d71l
ならひておはしまさぬよにしはしも
ありふへき心ちのし侍らさりしかは
かかるやまのすゑにこもり侍てし
なんをこにてとおもひたまふるを
またなんかくあやしきことはいきめく
らひ侍いともかしこくとはせたまえる
ことにわらはへの侍ことさらにわすれ
侍ときも侍らすとて
  かきりなき雲井のよそにわ
  かるとも人をこころにおくらさらめや
となん申つるとけいし給へといひける/d72r
このたいとくのかほかたちすかたをみ
るにかなしきこと物ににすその人に
もあらすかけのことくになりてたた
みのをのみなんきたりける少将にて
ありしときのさまいときよけなり
しをおもひいててなみたもととまら
さりけりかなしとてもかたとき人の
ゐたるへきところにもあらぬやま
のなかなりけれはなくなくさらはと
いひてかへりきてこのたいとくた
つねいててありつるよしをこん/d72l
のくたりけいせさせけりきさいの
みやもいといたうなきたまふさふら
ふひとひともいらなくなんなきあは
れかりけるみやの御かへりも人々
のせうそこもいひつけて又やれり
けれはありし所にもまたなく
なりにけりおののこまちといふ人
正月にきよみつにまうてにけり
おこなひなとしてきくにあや
しうたうときほうしのこゑに
てときやうしたらによむこの/d73r
をののこまちあやしかりてつれ
なきやうにて人をやりてみ□
けれはみのひとつをきたるほ□
しのこしにひうちけなとゆひつけ
たるなんすみにゐたるといひ
けりかくてなをきくにこゑいと
たうとくめてたうきこゆれ
はたたなる人にはよもあらし
もし少将たいとくにやあらんと
おもひにけりいかかいふとてこのみ
てらになん侍といとさむきにみ(御)そひとつ/d73l
しはしかしたまへとて
  いはのうへにたひねをすれは
  いとさむしこけのころもをわれにかさなん
といひやりたるかへしに
  よをそむくこけのころもはたた
  ひとへかさねはつら(うと)しいさふたりねん
といひたるにさらに少将なりけり
とおもひてたたにもかたらひしなかな
れはあひてものいはんとおもひていき
けれはかいけつやうにうせに
けりひとてらもとめさすれと/d74r
さらになしにけてうせぬかくて
うせにけるたいとくなん僧正まて
なりてくわさんといふてらにすみ
たまひけるそくにいますかり
けるときのこともありけり太郎
左近将監にててんしやうして
ありけるかくよにいますかりときく
ときたにとてもかくてもやりけれは
いきたりけれはほうしのこはほう
しなるそよきと□これもほう
しになしてけりかくてなん/d74l
  おりつれはたふさに□□るたて
  なからみよのほとけに花たてまつ□
といふもそうしやうの御うたに
なんありけるこのこををしなし
たまひけるたいとくは心にもあら
てなりたりけれはをやにもにて
京にもかよひてなんしありきけ
るこのたいとくのしそくなり
ける人のむすめのうちにたて
まつらんとてかしつきけるを
みそかにかたらひけり/d75r
をやききつけておとこをも女を
もすけなくいみしくいひてこの
たいとくをよせすなりにけれは
やまにはうしてゐてことかよひも
えせさりけりいとひさしくあり
てこのさはかれし女のせうととも
なとなん人のわさしにやまにのほ
りたりけるこのたいとくのすむ
ところにきてものかたりなとし
てうちやすみたりけるにきぬの
くひにかきつけける/d75l
  しら雲のやとるみねにそおくれ
  ぬるおもひのほかにあるよなりけり
とかきたりけるをこのせうとの
ひやうゑのせうはしらて京へいぬい
もうとみつけてあはれとやおもひ
けんこれはそうつになりて京
こくのそうつといひていますかり
ける 由性僧都雲林院別当/d76r
1)
良峯宗貞。後の僧正遍昭(遍照)。
2)
長谷寺
3)
仁明天皇皇后藤原順子
4)
諸本「かたみ(形見)」
5)
底本「こんのくたり」。諸本により訂正
6)
清水寺
7)
底本「せ」磨滅。諸本により補う。
8)
法師は底本「ほ□し」。「う」字磨滅。諸本により補う。
9)
底本「つら」に「うと」と傍注。傍注を採用すると「うとし」となる。
10)
底本「て」磨滅。諸本により補う。
11)
由性
12)
底本「けが」磨滅。諸本により補う。
13)
底本「る」磨滅。諸本により補う。
text/yamato/u_yamato168.txt · 最終更新: 2017/09/19 18:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa