Recent changes RSS feed

大和物語

第162段 また在中将内裏にさぶらひけるに御息所の御方より忘れ草をなん・・・

校訂本文

また在中将1)、内裏(うち)にさぶらひけるに、御息所の御方より、忘れ草をなん、「これは何とかいふ」とて、賜へりければ、中将、

  忘れ草生(お)ふる野辺とは見るらめどこは忍ぶなりのちも頼まん

となんありける。

同じ草を、忍ぶ草・忘れ草といへば、それによりなん詠みたりけり。

翻刻

おかしとおほしけり又
さい中将うちにさふらひけるにみやす
ところの御かたよりわすれくさをな
んこれはなにとかいふとて給えりけ
れは中将
  わすれくさおふるのへとはみるら
  めとこはしのふなりのちもたのまん
となんありけるをなしくさをしのふ/d63l
くさわすれくさといへはそれにより
なんよみたりけり/d64r
1)
在原業平
text/yamato/u_yamato162.txt · 最終更新: 2017/09/16 18:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa