Recent changes RSS feed

大和物語

第147段 昔津の国に住む女ありけりそれをよばふ男二人なんありける・・・

校訂本文

昔、津の国に住む女ありけり。それをよばふ男二人なんありける。

一人はその国に住む男、姓は菟原(むばら)になんありける。いま一人は、和泉の国の人になんありける。姓は血沼(ちぬ)となんいひける。かくて、その男ども、年齢(としよはひ)・顔形(かほかたち)・人のほど、ただ同じばかりなんありける。

「心ざしの勝らんにこそあはせめ」と思ふに、心ざしのほども、ただ同じやうなりければ、来ればもろともに来合ひぬ。ものおこすれば、ただ同じやうにおこす。いづれ勝れりと言ふべくもあらず。女、思ひわづらひぬ。この人の心ざしのおろかならば、いづれにもあふまじけれど、これかれも、月日を経て、家の門(かど)に立ちて、よろづに心ざしを見えければ、しわびぬ。これよりも、かれよりも、同じやうにおこするものども、取りも入れねど、いろいろに持ちて立てり。

親ありて、「かく見苦し年月を経て、人の歎きをいたづらにおふもいとほし。一人一人にあひなば、いま一人が思ひは絶えなん」と言ふに、女、「ここにもさ思ふに、人の心ざしの、いづれも同じやうなるになん、思ひわづらひぬる。さらば、いかがすべき」と言ふに、そのかみ、生田の川1)のつらに、女、平張(ひらばり)を打ちてゐにけり。かかれば、そのよばひ人どもを呼びにやりて、親の言ふやう、「誰(たれ)もみな、心ざしの同じやうなれば、この幼き者なん、思ひわづらひて侍る。今日、いかにまれ、このことを定めてん。あるひは、遠き所よりいまする人あり。あるは、ここながら、そのいたづきかぎりなし。これもかれも、いとほしきわざなり」と言ふ時に、いとかしこく喜びあへり。

「申さむと思ひ侍るやうは、この川に浮きて侍る水鳥を射給へ。それを射当て給はん人に奉らむ」と言ふ時に、「いとよきことなり」とて、射るほどに、一人は頭(かしら)の方(かた)を射つ。いま一人は尾の方を射つ。

そのかみ、いづれといふべくもあらぬに、女、思ひわづらひて、

  住みわびぬわが身投げてん津の国の生田の川は名のみなりけり

と詠みて、この平張は川にのぞきてしたりければ、づぶと落ち入りぬ。親、あはて騒ぎののしるほどに、このよばふ男二人、やがて同じ所に落ち入りぬ。一人は足をとらへ、いま一人は手をとらへて死にけり。

そのかみ、親いみじく騒ぎて、取り上げて、泣きののしりて葬(はふ)りす。男どもの親も来にけり。この女の塚の傍らに、また塚ども作りて、掘り埋(うづ)む時、津の国の男の親の言ふやう、「同じ国の男こそ、同じ所にはせめ。異国(ことくに)の人、いかでこの国の土をば犯すべき」と言ひて、妨ぐる時に、和泉の方(かた)の親、和泉の国の土を船に運びて、ここに持て来てなん、つひに埋みてける。されば、女の墓をば中にて、左右(ひだりみぎ)になん、男の塚ども、今もあんなる。

かかることどもの昔ありけるを絵にみな描きて、故后(こきさい)の宮2)に人の奉りたりければ、これがうへを、みな人々、かの人に代りて詠みける。伊勢の御息所3)、男の心に代はりて、

  影をのみ水の下にてあひ見れど魂(たま)なきからはかひなかりけり

女になり給ひて、女一の皇女4)

  かぎりなく深くしづめるわが魂はうきたる人に見えんものかは

また、宮、

  いづくにか魂を求めむわたつみのここかしことも思ほえなくに

兵衛命婦5)

  つかの間ももろともにとぞ契りけるあふとは人に見えぬものから

糸所の別当6)

  勝ち負けもなくてや果てん君により思ひくらぶの山は越ゆとも

生きたりし折の女になりて、

  あふことのかたみにそふるなよ竹のたちわづらふと聞くぞかなしき

また、

  身を投げて逢はんと人に契らねどうき身は水に影をならべつ

また、いま一人の男になりて、

  同じ江に住むはうれしき仲なれどなどわれとのみ契らざりけん

返事、女、

  憂かりけるわがみなそこをおほかたはかかる契りのなからましかば

また一人の男になりて、

  われとのみ契らずながら同じ江に住むはうれしきみぎはとぞ思ふ

さて、この男は、呉竹(くれたけ)の節(よ)長きを切りて、狩衣・袴・烏帽子(えぼうし)・帯7)とを入れて、弓・胡籙(やなぐひ)・太刀なんど入れてぞ埋みける。いま一人は、おろかなる親にやありけん、さもせざりけり。かの塚の名をば「男塚(おとこづか)とぞいひける。

ある旅人、この塚のもとに宿りたりけるに、人のいさかひする音のしければ、「あやし」と思ひて、見せければ、「さることもなし」と言ひければ、「あやし」と思ひ思ひ眠(ねぶ)りたるに、血にまみれたる男、前に来て、ひざまづきて、「わが敵(かたき)にせめられて、わびにて侍り。御佩刀(はかし)しばらく貸し給はりて、妬き者の報ひし侍らん」と言ふに、「いと恐し」と思へど、貸してけり。

覚めてのち、「夢にやあらん」と思へど、太刀はまことに取らせてやりてけり。とばかり聞けば、いみじう前(さき)のごと、いさかふなり。しばしありて、はじめの男来たりて、いみじく喜びて、「御徳に、年ごろ妬き者、うち殺し侍りぬ。今よりは長き御守(まぼ)りとなり侍るべき」とて、このことの始めより語る。

「いとむくつけし」と思へど、めづらしきことなれば、問ひ聞くほどに、夜も明けにければ、人もなし。あしたに見れば、塚のもとに、血ちなど流れたりける。太刀にも血など付きてありけり。いとうとまほしく思ゆることなれど、人の言ひけるままなり。

翻刻

むかしつのくににすむ女ありけり
それをよはふおとこふたりなん
ありけるひとりはそのくににすむ
おとこ姓はむはらになんありける
いまひとりはいつみのくにのひとになん/d35r
ありける姓はちぬとなんいひける
かくてそのおとこともとしよはひかを
かたち人のほとたたおなしはかりなん
ありけるこころさしのまさらんに
こそあはせめとおもふにこころさしの
ほともたたをなしやうなりけれは
くれはもろともにきあひぬものおこすれ
はたたおなしやうにおこすいつれ
まされりといふへくもあらす女おもひ
わつらひぬこの人のこころさしのをろ
かならはいつれにもあふましけれと/d35l
これかれも月日をへて家のかとに
たちてよろつにこころさしをみえ
けれはしわひぬこれよりもかれより
もをなしやうにおこするものと
もとりもいれねといろいろにもちて
たてりをやありてかくみくるし
くとし月をへてひとのなけきを
いたつらにをうもいとをしひとりひとり
にあひなはいまひとりかおもひはた
えなんといふに女ここにもさ思に
ひとのこころさしのいつれもをなし/d36r
やうなるになんおもひわつらひぬる
さらはいかかすへきといふにそのかみ
いくたのかはのつらに女ひらはりを
うちていにけりかかれはそのよはひ
ひとともをよひにやりてをやの
いふやうたれもみなこころさしの
おなしやうなれはこのおさなきもの
なんおもひわつらひて侍けふいかに
まれこのことをさためてんあるいは
とをきところよりいまする人あり
あるはここなからそのいたつきかき/d36l
りなしこれもかれもいとをしき
わさなりといふときにいとかしこ
くよろこひあえり申さむとお
もひ侍やうはこのかはにうきて
侍みつとりをいたまへそれをいあ
てたまはんひとにたてまつらむと
いふときにいとよきことなりとて
いるほとにひとりはかしらのかたを
いついまひとりはをのかたをいつ
そのかみいつれといふへくもあらぬに女
おもひわつらひて/d37r
  すみわひぬわかみなけてんつの
  くにのいくたのかははなのみなりけり
とよみてこのひらはりはかはにのそきて
したりけれはつふとおちいりぬ
をやあはてさはきののしるほとに
このよはふおとこふたりやかてをな
しところにをちいりぬひとりはあ
しをとらへいまひとりはてをとらへ
てしにけりそのかみおやいみしくさ
はきてとりあけてなきののしりて
はふりすおとことものおやもきに/d37l
けりこの女のつかのかたはらにまたつかともつくり
てほりうつむときつのくにのおとこ
のをやのいふやうをなしくにのをとこ
こそおなしところにはせめことくに
のひといかてこのくにのつちをはをか
すへきといひてさまたくるときにいつ
みのかたのおやいつみのくにのつちを
ふねにはこひてここにもてきて
なんつゐにうつみてけるされは女
のはかをはなかにてひたりみきに
なんおとこのつかともいまもあんなる/d38r
かかることとものむかしありける
をゑにみなかきてこきさいのみやに
ひとのたてまつりたりけれはこれか
うへをみなひとひとかの人にかはりて
よみける伊勢のみやすところこのもの
かたり諸本皆同仍これをととめす
おとこのこころにか(て一本)はりて
  かけをのみ水のしたにてあひみれと
  たまなきからはかひなかりけり
女になりたまひて女一御こ
  かきりなくふかくしつめるわか/d38l
  たまはうきたるひとにみえん物かは
またみや
  いつくにかたまをもとめむわた
  つみのここかしこともおもほえなくに
兵衛命婦
  つかのまももろともにとそちき
  りけるあふとはひとにみえぬ物から
典侍治子朝臣春隆古今作者寛平遣威之日
給之物等類惣了可処分治子朝臣元宰侍
寛平補典侍自昔衣糸所一生之間猶乞兼衣之
いと所の別当/d39r
  かちまけもなくてやはてんきみに
  よりおもひくらふのやまはこゆとも
いきたりしをりの女になりて
  あふことのかたみにそふるなよ
  たけのたちわつらふときくそかなしき
又みをなけてあはんと人にちき
  らねとうき身はみつにかけをならへつ
またいまひとりのおとこになりて
  おなしえにすむはうれしきなか
  なれとなとわれとのみちきらさりけん
返事女/d39l
  うかりけるわかみなそこをおほ
  かたはかかるちきりのなからましかは
またひとりのをとこになりて
  われとのみちきらすなからをなし
  えにすむはうれしきみきはとそおもふ
さてこのおとこはくれたけのよなかき
をきりてかりきぬはかまゑほうし
をりとをいれてゆみやなくいたち
なんといれてそうつみけるいまひと
りはおろかなるをやにやありけん
さもせさりけりかのつかのなをは/d40r
おとこつかとそいひけるあるたひ人
このつかのもとにやとりたりけるに人
のいさかひするをとのしけれはあや
しとおもひてみせけれはさることも
なしといひけれはあやしとおもひおもひ
ねふりたるにちにまみれたる
おとこまへにきてひさまつきてわか
かたきにせめられてわひにて侍り
御はかししはらくかしたまはりてねた
きもののむくひし侍らんといふにいと
をそろしとおもへとかしてけりさめ/d40l
てのちゆめにやあらんとおもへとたち
はまことにとらせてやりてけりとはか
りきけはいみしうさきのこといさかう
なりしはしありてはしめのおとこ
きたりていみしくよろこひて御
とくにとしころねたきものうち
ころし侍ぬいまよりはなかき御
まほりとなり侍へきとてこのことのはし
めよりかたるいとむくつけしとおもへとめ
つらしきことなれはとひきくほとに
夜もあけにけれは人もなしあし/d41r
たにみれはつかのもとにちなとな
かれたりけるたちにもちなとつき
てありけりいとうとまほしくおほ
ゆることなれと人のいひけるままなり/d41l
1)
生田川
2)
宇多天皇皇后藤原温子
3)
以下、底本「このものがたり諸本皆同、仍これをとどめず」と続くが、書き入れが混入したもの。
4)
宇多天皇皇女均子内親王
5)
右兵衛督藤原高経の女
6)
春澄洽子
7)
底本「をり」。諸本により訂正
text/yamato/u_yamato147.txt · 最終更新: 2017/09/09 14:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa