Recent changes RSS feed

大和物語

第146段 亭子の御門鳥飼の院におはしましにけり・・・

校訂本文

亭子の御門1)、鳥飼(とりかひ)の院におはしましにけり。例のごと御遊びあり。

「このわたりの遊女(うかれめ)ども、あまた参りてさぶらふ中に、声おもしろく、よしあるものは侍りや」と問はせ給ふに、遊女ばらの申すやう、「大江玉淵がむすめといふものなん、めづらしき。参りて侍る」と申しければ、見せ給ふに、様(さま)・形(かたち)もきよげなりければ、あはれがり給ひて、上(うへ)に召し上げ給ひて、「そもそも、まことか」など問はせ給ふに、鳥飼といふ題を、みな人に詠ませ給ひけり。仰せ給ふやう、「玉淵は、みならうありて、歌などよく詠みき。この鳥飼といふ題をよくつかうまつりたらんに、まことの子とは思ほさむ」と仰せ給ひけり。

承はりて、すなはち、

  あさみどりかひある春にあひぬれば霞ならねど立ちのぼりけり

と詠む時に、御門、ののしり、あはれがり給ひて、御しほたれ給ふ。人々もよく酔(ゑ)ひたるほどにて、酔ひ泣きいとになくす。

御門、御袿一襲(おんうちぎひとかさね)・袴(はかま)賜ふ。「ありとある上達部・皇子(みこ)たち・四位・五位、これに物脱ぎて取らせざらむ者は、座より立ちね」とのたまひければ、片端より、上下みなかづけたれば、かづきあまりて、二間(ま)ばかり積みてぞ置きたりける。

かくて、「帰り給ふ」とて、南院の七郎の君といふ人ありけり、それなん、この遊女の住むあたりに家作りて住むと聞こし召して、それになん、のたまひ預けらる。

「かれが申さむこと、院に奏せよ。院より賜はせん物も、かの七郎君がりつかはさん。すべて、かれにわびしき目な見せそ」と仰せ給ひければ、常になんとぶらひかへりみける。

翻刻

ていしのみかととりかひの院におはし/d33r
ましにけりれいのこと御あそひあり
このわたりのうかれめともあまたま
いりてさふらふなかにこゑをもしろ
くよしあるものは侍やととはせたまふ
にうかれめはらの申やう大江玉渕か
むすめといふものなんめつらしき
まいりて侍と申けれはみせ給にさま
かたちもきよけなりけれはあはれか
りたまひてうへにめしあけ給て
そもそもまことかなととはせたまふに
とりかひといふたいをみなひとによませ/d33l
たまひけりおほせたまふやうたま
ふちはみならうありてうたなと
よくよみきこのとりかひといふたい
をよくつかうまつりたらんにまこと
のことはおもほさむとおほせ給けり
うけたまはりてすなはち
  あさみとりかひある春にあひぬ
  れはかすみならねとたちのほりけり
とよむときに御かとののしりあはれ
かりたまひて御しほたれたまふ
ひとひともよくゑひたるほとにてゑひなき/d34r
いとになくす御かと御うちきひと
かさねはかまたまふありとある上達
部御こたち四位五位これに物ぬきてとら
せさらむものはさよりたちねとの
たまひけれはかたはしより上下みな
かつけたれはかつきあまりて二ま
はかりつみてそをきたりけるかく
てかへりたまふとて南院の七郎の
きみといふ人ありけりそれなんこの
うかれめのすむあたりにいへつく
りてすむときこしめしてそれになん/d34l
のたまひあつけらるかれか申さむこと
院にそうせよ院よりたまはせん
ものもかの七郎きみかりつかはさ
んすへてかれにわひしきめなみせ
そとおほせたまひけれはつねに
なんとふらひかへりみける/d35r
1)
宇多天皇
text/yamato/u_yamato146.txt · 最終更新: 2017/09/07 21:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa