Recent changes RSS feed

大和物語

第135段 三条の右大臣のむすめ堤の中納言に逢ひはじめ給ひけるあひだは・・・

校訂本文

三条の右大臣1)のむすめ、堤の中納言2)に逢ひはじめ給ひけるあひだは、内蔵助(くらのすけ)にて3)、内裏(うち)の殿上をなんしける。女は、あはんの心やなかりけん、心もゆかずなんいますかりける。

男も宮仕へし給ひければ、つねにもいませざりけるころ、女、

  薫物(たきもの)のくゆる心はありしかどひとりはたえて寝られざりけり

返し、上手なれば良かりけめど、聞かねば書かかず。

翻刻

延喜九年正月蔵人左衛門佐元右兵衛佐内蔵助(十三年/左少将)/d22r
三条の右大臣のむすめつつみの中納言
にあひはしめたまひけるあひたはく
らのすけまてうちの殿上をなんし
ける女はあはんのこころやなかりけん
こころもゆかすなんいますかりけるお
とこもみやつかへしたまひけれはつ
ねにもいませさりけるころ女
  たきもののくゆるこころはありし
  かとひとりはたえてねられさりけり
かへし上すなれはよかりけめとき
かねはかかす/d22l
1)
藤原定方
2)
藤原兼輔
3)
「にて」は底本「まて」。諸本により訂正。
text/yamato/u_yamato135.txt · 最終更新: 2017/09/03 17:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa